日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】
ホーム > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用するメッセージがこめられています。

それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした彼らの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。この格言集は、古今東西の格言・名言をご紹介する不定期コラム。

みなさんの“心の栄養”として、時折ご覧いただければ幸いです。

 

Kakugen

今、自分がここにあるということ。それは、先祖代々の皆さまによって私は生かされているということです
千玄室
 茶道裏千家第15代前家元、千玄室大宗匠。利休居士の子孫である彼は、物心ついたころから母親に「あなたは緑の血を持って生まれてきたのですよ」と言われ、育ったという。 茶道の家元に嫁いだ母親は、夫が点てる茶を毎日飲んでいたのだから、その胎内にいた赤ん坊もまた、茶を味わっていたのだと、ことあるごとに息子に言って聞かせたのだそうだ。 禅語にもある「而今」、「いま、ここ」という言葉は、今の日本社会に広く浸透している。少々、流行りことばになってしまった感もないではないが……。いずれ、この言葉も時代の端に追いやられてしまうのだろうか。 だが、「自分とは何か」を探し求める旅は、人間である以上、永久に終わらないのではないだろうか。古今東西、多くの人びとがその問題に悩まされてきた。偉人たちの…続きを読む
 
私は経営学など勉強したことがない。何冊か手にとって読んだことはあるが、結局その逆をやればいいんだと思った
藤沢武夫
 本田宗一郎の名参謀として影で支え続けた男、藤沢武夫。「本田」と「ホンダ」を世界に知らしめたのは、藤沢の経営手腕によるものであったことは間違いない。創業から一貫して裏方に徹した姿が多くの人を魅了した。 世界のホンダは、藤沢なくしてありえなかった。 二人三脚で歩み続けた本田と藤沢。二人の退陣劇もまた、伝説となった。「まあまあだな」(本田)「まあまあさ」(藤沢)「幸せだったな」(本田)「本当に幸せでした。心からお礼を言います」(藤沢)「おれも礼を言うよ。良い人生だったな」(本田) テクニック本が必ずしも良書とはかぎらない。かといって、粗雑なものばかりとも言い切れない。大切なのは、そこから何を学ぶかである。 藤沢は、手にした数少ない経営本からその本質をつかんだのだろう。もっと言…続きを読む
 
「あの人はちっとも変わらない」といって喜ぶのは、いい意味にもなりましょうが、実はちっとも成長していなかったという悲しむべき結果であることもあります
白洲正子
 白洲次郎の妻であり、文筆家であった白洲正子。芸術家や有識者たちとの親交も厚く、知的好奇心と独自の美的センスが生活全般にゆきわたった彼女の生き様は、「カントリー・ジェントルマン」とも称された夫次郎の生き様同様、憧れる人は多い。 脳が成長ししつづけることは科学的に実証されているという。つまり、人間は成長し続ける生きものだということ。 久しぶりに会った友人知人に、「ぜんぜん変わらないね」と言われてついつい喜んでしまうのは、単に姿形が昔と変わらず若々しいと褒められていると思うからであり、また、相手側も多少のお世辞を含めても若々しさや思考言動に変わりがないことを褒めることが一般的によしとされているからだろう。しかし、ほんとうにそれは喜ばしきことなのだろうか。 人間は成長しつづける…続きを読む
 
練習は裏切らないといいますが、練習が裏切ることもある
イチロー
 自分自身を高めるストイックさにかけては右に出るものはいないであろう、イチロー選手。小学3年生の頃から7年間、ほぼ毎日、約200球ものバッティング練習を行っていたことは有名である。 日々の練習に向き合う姿勢は、その頃から変わっていない。いや、世界の舞台で活躍する今をもってしても、その身体能力が高まりつづけていることを思えば、時計の針のように規則正しく繰り返される練習が超人的なイチロー選手を作りあげていることは明らかであろう。 その彼が言うのだ。「練習は裏切ることもある」と。 努力は必ず報われるか。 否。 そうとは言い切れない。ただし、ひとかどの人物と言われる者たちは、必ずといっていいほど努力をしている。 努力の人であるイチロー選手が発したこの言葉は、だれよりも練習に練習を…続きを読む
 
天分は、過保護にすると見えにくくなる
山田宏
 前衆議院議員であり前杉並区長の山田宏氏の思いと言動は、以前も今も一貫して変わらない。「一人ひとりが自らの天分を生かし切ることのできる社会を」 天分とはなにか。 あえて説明する必要もないが、山田氏の言葉を借りて説明しよう。「“おまえしかできないことをやってみろ”。一人ひとりの魂は、天からそう遣わされてやってきたのだと思う」「自分にしかできないこと」が天分だとするならば、それをどうやって見極めるのか。 山田氏はいう。「方法は二つ。ひとつは好きなことをとことんやってみる。もうひとつは、いろいろ悩んでいることがあったとしても、自分の置かれている場所で、目の前の仕事を徹底してやってみる。自分が取り組んでいるものを最高の状態に磨き上げれば、必ず結果はでる。そのときに、何かが変わって…続きを読む
 
Recommend Contents
このページのトップへ