日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
ホーム > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

得ようと思えば、得られない
川上哲治
「打撃の神様」と敬われた川上哲治の言葉。正眼寺の梶浦老師に師事した川上は、やがて禅の境地に至り、「球禅一味」を標榜するが、それを表した言葉のひとつが、表題。 なにごとも、願望や作為で何かを得ようとしてもダメ。無我夢中、まさに「無」の状態で一心に取り組んでこそ、得られるものがあると言いたかったのだろう。凄まじいほどの修行に取り組んだ人だからこそ、知り得た境地だ。(150520第103回)…続きを読む
 
Recommend Contents
このページのトップへ