日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】
ホーム > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用するメッセージがこめられています。

それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした彼らの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。この格言集は、古今東西の格言・名言をご紹介する不定期コラム。

みなさんの“心の栄養”として、時折ご覧いただければ幸いです。

 

Kakugen

春色無高下 花枝自短長
 しゅんしょくにこうげなし、かしおのずからたんちょう。 禅の世界は、クールなリアリズム。妙な平等主義がないからいい。 陽光は地上に公平に注がれる。なのに、花や枝は長いものもあれば短いものもある。 つまり、それぞれ結果は異なって当たり前ということ。 人と同じでなければならないと思う必要もない。あるいは、人と同じでないことを不平等だと訴える必要もない。 美人もいれば、ブスもいる。ナイスバディもいれば、おデブさんもいる。天才もいれば、知的障害のある人もいる。ゴリラのような腕力がある人もいれば、虚弱な人もいる。 「人とちがう」ことを「特徴」と見られるかどうか。自分が生まれつきもっている条件を肯定しよう。(150319第100回)…続きを読む
 
Recommend Contents
このページのトップへ