日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
ホーム > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

たしなみの武辺は、生まれながらの武辺に勝れり
織田 信長
努力して獲得した能力は、生まれ持った能力よりも優れている――と、日本における戦の天才が語っている。才能に溢れる人を見るとき、私たちはどうしても「生まれ持った能力が違う」と思いがち。しかし、それは事実の一面ではあってもすべてではない。真の天才は、努力を努力とも思わず、苦労を苦労とも思わずにひたすら我が道に邁進する人のことを言うのかもしれない。(110715第18回)…続きを読む
 
どんな山も一歩一歩なのよ。 一歩、一歩、足を前に運びさえすれば、8000mの山だって登れるのよ。
田部井 淳子
田部井淳子さんは女性として世界で初めてエベレストに登頂し、のちに七大陸最高峰の女性初登頂も成し遂げた。今日でもさまざまな活動を通し、自然の魅力を発信し続けている。田部井さんがマッキンリーやヴィンソンマシフ(南極大陸最高峰)に挑んだのは、意外にも五十歳前後のとき。何事に対しても楽しそうに挑戦する田部井さんの言葉に、背中を強く押される気がする。(110715第17回)…続きを読む
 
Recommend Contents
このページのトップへ