日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > こけたら 立ちなはれ

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用するメッセージがこめられています。

それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした彼らの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。この格言集は、古今東西の格言・名言をご紹介する不定期コラム。

みなさんの“心の栄養”として、時折ご覧いただければ幸いです。

 

Kakugen

こけたら 立ちなはれ

松下幸之助

 松下幸之助翁の言葉を取り上げたのはこれで何度目だろうか。いっそ、講演録なるものをそっくりそのまま紹介したほうがいいのではないかと思うほど、存在そのものが字引のようである。

 ちょっとした言葉にも、幸之助翁らしい優しさが感じられてほっとする。

 

 転んだら立ちあがる。
 体の運動機能が正常であれば、誰でもできることだ。
 動作としては。
 しかし、行動では?
 それがなかなかおいそれとはできないから行き詰まることもあるのだろう。
 
「ごちゃごちゃ言わんと、こけたら立ちなはれ。こけたままやったら、車にひかれて死んでまうで」
 と、言ったかどうかはわからない。
  わからないが、こけたままでは野垂れ死ぬだけだというのはわかる。

 

「こけたら立ちなはれ」
 ときには、こんな簡単な言葉で救われることもあるのではないだろうか。
(170220 第286回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ