日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 一葉落ちて天下の秋を知る

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

一葉落ちて天下の秋を知る

 禅語。紅葉が美しい季節だ。落ち葉が折り重なったところをサクサクと音をたてて歩くのはじつに五感が刺激され、心地よいものだ。

 一葉落ちる。これを我が身にたとえる。たしかに年齢とともになんらかの衰えを感じる。しかし、それは悪いことなのだろうか。

 残された持ち時間が徐々に減っていることをそれとなく知らせてくれていると考えられる。そう考えると、つまらないことにとらわれるのはもったいないと思う。一葉落ちるのを知ると知らないとでは大きな違いが出てくる。

(141203第92回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ