日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 一期一会

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

一期一会

井伊 直弼

あまりにも有名なこの言葉。
「一期一会」を座右の銘やモットーとされている方も多いのではないだろうか。

 

井伊直弼は幕末の重要な政治家であるとともに、茶の湯を愛した文化人でもあった。直弼の言葉とされる「一期一会」だが、利休の弟子・宗二が「一期に一度の会」という表現を使っていることから、直弼のオリジナルではないことがわかっている。

「一期一会」の核心は、「もう一度会うことができるのか?」ということ。

 

人にせよモノにせよ「これで二度と会えないかもしれない」という気持ちをもって、接したいものである。

(120215第32回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ