日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】

Introduction

いつの時代にも通用する、普遍的な言葉があります。それぞれの時代を懸命に生き、
一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続ける言葉の数々。
“心の栄養”として、活用してください。(テキスト/神谷 真理子)

Maxim Topics

人生、楽しまなくちゃ。夕方が一日でいちばんいい時間なんだ。脚を伸ばして、のんびりするのさ
『日の名残り』より
 ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ氏の『日の名残り』から抜粋した。 品格ある作風や、受賞理由の「感情に強く訴える小説」というのはそのままイシグロ氏の人となりを表しているのだろう。彼の作品を読んだ後は深い感動につつまれる。まるで、森の中で月明かりに照らされた湖畔を眺めているような、静かな感動が
 
人間の使命とは、可能な限り「自分自身」になること
アブラハム・H・マズロー
 人間には5段階の欲求があると説いたマズロー。通称「自己実現理論」とも呼ばれる欲求段階説は、企業経営や労働環境の改善に大きな影響を与えたと言われている。 自己実現に最も重要な要素としてマズローが力説するのが、この言葉である。 可能な限り「自分自身」になることとはきっと、ありのままの自分になることなの
 
人はモノを追求するのではなく、モノの追求を追求する
ブレーズ・パスカル
 名著『パンセ』で知られるブレーズ・パスカル。「人間は考える葦である」という言葉があまりにも有名すぎて他の名言は影を潜めているが、以前にもひとつ紹介したことがあるし、この言葉などまさに人間の本質を浮き彫りにしているように思う。 フランス文学者の鹿島茂氏は、この言葉の意味を的確にこう表現している。「つ
 
ただ「勝ちたい」ではなく、負ける覚悟ができて初めて本当の強さが出る
原辰徳
 元プロ野球選手で、元ジャイアンツ監督の原辰徳氏の言葉だ。 この言葉の後、「いわゆる『覚悟の心理』とは、そういうものだと私は理解している」と続く。 世の中は、勝った負けたの勝負の世界。 強いものが勝ち、弱いものが負けるという、弱肉強食が繰り広げられる。 では、本当の強さとは何か。 老子いわく、「柔は
 
山鳥のほろほろと鳴く声聞けば父かとぞ思ふ母かとぞ思ふ
行基
 奈良時代の僧侶、行基の歌である。成田為三が作曲し、『ほろほろと』という歌唱曲にもなっているので知っている人もいるかもしれない。 あるとき、ふと、切なさが込み上げてくることがある。 胸が高鳴り、そわそわしたり、わけもなく涙がこぼれたり・・・。 またあるときは、懐かしい情景がまぶたの裏に現れることも。
 
芸術とは見えるものを再現するのではなく、見えないものを見えるようにするものである
パウル・クレー
 一見、子供の絵かと思わせる無垢な線画があるかと思えば、パズルのピースをはめ込んだようなモザイク画で色を操り、見る物を不思議な世界へといざなう。スイスの画家、パウル・クレーの作品からは、リズミカルな音楽が流れ、静かな詩が聞こえてくるようだ。なるほど、彼はこの言葉どおりに描き続けていたのかと、合点がい
 
Recommend Contents
このページのトップへ