日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】

Introduction

いつの時代にも通用する、普遍的な言葉があります。それぞれの時代を懸命に生き、
一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続ける言葉の数々。
“心の栄養”として、活用してください。(テキスト/神谷 真理子)

Maxim Topics

其の脆きは破り易く、其の微なるは散じ易し
老子
 老子の『道徳経』守微第六十四は、事にあたるときの心構えが記されている。「其の脆きは破り易く、其の微なるは散じ易し」 ものごとは脆いうちに扱えば、厄介な問題になる前だから解消しやすい。まだごくごく小さいうちなら、粉々に打ち砕くのは簡単だ、と。「ついうっかり」ということはよくある。 取るに足らないこと
 
便利はラク、不便は楽しい
大幡正志
 栃木県真岡市で鍼灸治療院「真岡はりきゅう整骨院」を営む大幡正志院長の言葉だ。  この治療院は東洋医療をベースにした治療が人気で、遠方から足しげく通う患者もいるという。  大幡氏は江戸人のように人生を楽しむ天才だ。趣味は旅と読書と銭湯巡り。好きなものは小さくて古い車、紀行文、伝統食、銭湯、古き良きも
 
こけたら 立ちなはれ
松下幸之助
 松下幸之助翁の言葉を取り上げたのはこれで何度目だろうか。いっそ、講演録なるものをそっくりそのまま紹介したほうがいいのではないかと思うほど、存在そのものが字引のようである。 ちょっとした言葉にも、幸之助翁らしい優しさが感じられてほっとする。 転んだら立ちあがる。  体の運動機能が正常であれば、誰でも
 
心も身体も道具である
中村天風
 日本初のヨーガ行者、中村天風。心身統一法を世に知らしめた人物である。 以前にも本欄で紹介したことがあるが、天風語録を集めた著書も数多く出ているから、その名を見聞きしたことがある人も多いだろう。 身体が道具というのは、なんとなくわかる気がする。 目に見える物体だから。 しかし、心は? 道具と思ったこ
 
人生に失敗がないと、人生を失敗する
斎藤茂太
「モタさん」の愛称で知られる精神科医の斎藤茂太氏の言葉である。 90歳で亡くなった彼は随筆家でもあったことから、晩年は作家活動に多くの時間を費やしていたという。 生涯現役を続け、亡くなった時も多くの仕事を抱えていたというのだから、頭が下がる。 「“失敗”と書いて“経験”と読む」 誰かがそう言っていた
 
片目をつむるというのは、見て見ないふりじゃなく、つむっている片目で自分の心の姿も見るといいのね
三浦綾子
 以前紹介した『塩狩峠』の著者、三浦綾子の言葉。クリスチャンであった彼女だからこその視点である。 イギリスの神学者、シラーの「結婚前には両目を大きく開いて見よ。結婚してからは片目を閉じよ」という最後の言葉を幾たびも反芻したのにちがいない。 後年の作品が、彼女の言葉を夫が書き留めた口述筆記だったという
 
Recommend Contents
このページのトップへ