日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】
ホーム > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用するメッセージがこめられています。

それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした彼らの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。この格言集は、古今東西の格言・名言をご紹介する不定期コラム。

みなさんの“心の栄養”として、時折ご覧いただければ幸いです。

 

Kakugen

一期一会
井伊 直弼
あまりにも有名なこの言葉。「一期一会」を座右の銘やモットーとされている方も多いのではないだろうか。井伊直弼は幕末の重要な政治家であるとともに、茶の湯を愛した文化人でもあった。直弼の言葉とされる「一期一会」だが、利休の弟子・宗二が「一期に一度の会」という表現を使っていることから、直弼のオリジナルではないことがわかっている。「一期一会」の核心は、「もう一度会うことができるのか?」ということ。人にせよモノにせよ「これで二度と会えないかもしれない」という気持ちをもって、接したいものである。(120215第32回)…続きを読む
 
身をやぶるよりも、心を傷ましむるは、人をそこなう事なお甚だし。
吉田 兼好
『徒然草』の一節。体を傷つけるよりも、心を傷つける方が人にはよほど害が大きいという意味である。目には見えない分、心の傷はわかりにくく、癒えにくい。現代を生きる私たちもこうした場面に直面するが、兼好の時代もこう思える出来事が多々あったのだろう。『徒然草』には兼好の生きた時代の出来事も書かれており、歴史書としても面白く読むことができる。(120215第31回)…続きを読む
 
Recommend Contents
このページのトップへ