Japanist【ジャパニスト】
HOME > Japanist 最新号 > Japanist 40号

Japanist 40号

Japanist
  • 広告で、会社が変わる
  • 本をつくろう
ニッポンに、詳しくなろう。

Japanist No.40 2019年1月25日発売!

日本を知ることで、日本人としての誇りを醸成する。

◯定価:1,500円(税込)

◯仕様:A4 約100ページ オールカラー刷り

◯季刊:1月・4月・7月・10月発行

◯送料:1冊=300円、2冊=400円、3冊=500円

    4冊=600円、5冊以上=1000円

Contents

表紙と裏表紙を一枚の絵でパッケージしました

第1章 日本の芯を知る

■花のきもち 藤間久子

■対談 式守伊之助ー中田宏 「相撲には、日本のエッセンスが凝縮されている」 文/神谷真理子 撮影/森日出夫

■学びのクロスロード「人生の意味は、自分の心境を求めること」 田口佳史

第2章 日本の新しい形

■新日本サムライ論「ふたたび荒野へ」 近藤隆雄

■遊べ・学べ・働け「学びは楽しい、遊びも楽しい、仕事はもっと楽しい」 大幡正志—髙久多美男

第3章 日本文化の底力

■ジャパニストの美術散歩 「百花繚乱 艶めく命を写し取る」 岩田壮平 文/関口暁子

■温故知新の旅「新古今和歌集」 木下直子

■生きている書 齋藤翠恵 文/髙久多美男

■父と僕の記憶鉄道 絵・文/齋正機

第4章 多様なニッポンを探る

■転換期のキーパーソン「人生百年時代、攻めの第二ステージを愉しみたい」 鳥毛逸平 文/髙久多美男

■じぶん創造物語「投げたものは人生の後半に返ってくる」 北川八郎 文/神谷真理子

■旅するマーヤ「冬の月(続・死神男)」 藤原万耶+米倉万美

■宇宙と人をむすぶ言の葉「ほしかったもの」 神谷真理子

■偉人を探し求めて「『古事記』の大著 本居宣長」國武忠彦

■葉っぱは見えるが、根っこは見えない「進歩と退歩」 髙久多美男

■ブックナビ

■終刊の辞「終わりは、始まり」 髙久多美男

■全記事一覧

■『Japanist』の十年間 中田宏

●A4 約100ページ オールカラー

●定価/1,500円(税込)

●季刊

●コーディネーター/中田 宏 Hiroshi NAKADA

●編集長兼発行人/高久 多美男 Tamio TAKAKU

●マーケティング/奥山 秀朗・瀧澤 信

 

●発行会社/ジャパニスト株式会社

〒321-0155 栃木県宇都宮市西川田南1-29-7
e-mail japanist@compass-point.jp

 

●パートナーシップ/神楽サロン

〒162-0843 東京都新宿区市谷田町3-13 神楽ビル3F TEL.03-6265-0590
Recommend Contents
このページのトップへ