志誌『Japanist【ジャパニスト】』
Home > Japanist 最新号 > Japanist 20号

Japanist 20号

ニッポンに、詳しくなろう。

Japanist No.20 2014年1月25日発売!

日本を知ることで、日本人としての誇りを醸成する。

◯定価:1,500円(税込)

◯仕様:A4 約130ページ オールカラー刷り

◯季刊:1月・4月・7月・10月発行

◯送料:1冊=300円、2冊=400円、3冊=500円

    4冊=600円、5冊以上=1000円

 

■No.20はおかげさまで完売いたしました

Japanist
  • Japanist定期購読

第1章 日本の芯を知る

■君が代・考 田口 佳史

■自分を助ける 人生の金言 田口 佳史
■コウノトリの舞う地域づくり 上甲 晃
■日本人の目ヂカラ 森 日出夫
■宇宙と人をむすぶ言の葉 やわらかいもの 神谷 真理子
■花のきもち 藤間 久子
■字の包容力 「農」 伊藤 昭博

■対談 ルース・ジャーマン・白石ー中田宏  日本人が世界に誇れること、世界が日本に見習いたいこと

■にっぽん遊行のススメ 学問は人を幸せにする 井戸 理恵子

第2章 日本の新しい形

■新しい国づくりをしよう 「秘密」と民主主義 山田 宏
■日本のビジョンを描く 21世紀日本安国論 近藤 隆雄

■町工場からのメッセージ 魂のこもった仕事をする 菅野 敬一

第3章 日本文化の底力

■いのちのいとなみをみつめる 百村の馬頭観音 見目 陽一

■ジャパニストの美術散歩 幕末・明治の超絶技巧に惹かれて 村田 理如

■おとはしぐれか 写真で辿る山頭火の風景  高田 契
■子どもの笑顔は人類の財産 平井 慶祐

第4章 多様なニッポンを探る

■辞世の句と北原コレクション 北原 照久&森 日出夫

■林虎彦物語 髙久 多美男

■転換期のキーパーソン 石坂産業 石坂 典子
■学び舎探訪 親子農業体験塾「志路・竹の子学園」木原 伸雄
■じぶん創造物語 ピアニスト・作曲家 鬼武 みゆき
■医者として人間として 医者は病を診るな、人を診よ 真弓 定夫
■旨い純米酒を求めて 泉橋酒造
■葉っぱは見えるが、根っこは見えない 髙久 多美男
■ブックナビ

●A4 約130ページ オールカラー
●定価/1,500円(税込)
●季刊
●コーディネーター/中田 宏 Hiroshi NAKADA
●編集長兼発行人/高久 多美男 Tamio TAKAKU
●マーケティング/奥山 秀朗・瀧澤 信

 

●発行会社/ジャパニスト株式会社

〒321-0155 栃木県宇都宮市西川田南1-29-7
e-mail japanist@compass-point.jp

 

●パートナーシップ/神楽サロン

〒162-0843 東京都新宿区市谷田町3-13 神楽ビル3F TEL.03-6265-0590
  • 広告で、会社が変わる
  • 本をつくろう
  • Japanist定期購読
Recommend Contents
twitter
このページのトップへ