うーにゃん先生の こころのマッサージ
HOME > Chinoma > うーにゃん先生のこころのマッサージ

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

うーにゃん先生

社会に出たばかりの若い女性に、禅を知り尽くしたネコ、うーにゃんが示す人生の指針。
これを応用すれば、いつも心は軽やか。(テキスト/髙久多美男)

Topics

2020.02.20
第19話失意泰然得意淡然「なんかさあ、きょうのうーにゃん、態度大きくない?」みゆはママにそっと耳打ちした。たしかにそうだ。椅子に浅く座り、ふんぞり返っている。ママはくすんと笑って、
2020.02.10
第18話桃李不言下自成蹊久しぶりに家族全員そろい、夕食が始まった。まずはビールで乾杯。そのあと日本酒。基本的に、精米歩合を抑えた純米酒で、1年以上蔵で熟成させたものを選んでいる。す
2020.01.30
第17話春色無高下花枝自短長ファッション雑誌をめくりながら、みゆがつぶやいた。「いいなあ、こんなに肌がきれいで。脚も長いし」「この人、八頭身じゃない?いいなあ……」「こんなにきれい
2020.01.20
第16話桃花紅李花白ドアの隙間から、みゆが声を押し殺して泣いているのが聞こえた。うーにゃんは体をくねらせてすり抜け、そっと近づいて言った。「どうしたの?」みゆはうーにゃんに気づかな
2020.01.10
第15話冷暖自知日曜の午前、遅めのブランチのあと、みゆはママに尋ねた。「ビットコインとかの仮想通貨って、かなり乱高下しているけど、いま買いどきだと思う?」「そんなこと知らないわよ。
2019.12.29
第14話無作妙用機みゆは妙に浮かない表情をしている。「どうしたの、みゆ」心配そうにうーにゃんが訊いた。「ミサキの会社がつぶれちゃったんだ」「え?ミサキちゃんの会社が?」ミサキはみゆ
2019.12.19
第13話一切唯心造也今日は、みゆの元同僚が訪ねてくる。うーにゃんが、みゆのメンターだと聞き、相談にのってほしいというのだ。「なんか、気が重いなあ」うーにゃんは、みゆに言った。「会っ
2019.12.09
第12話一翳在眼空華乱墜「だからって、傷口に塩をすり込むようなことは言わなくてもいいんじゃない?」隣の部屋から声が聞こえてきた。珍しくママが強い口調でパパをいさめている。「食塩じゃ
2019.11.29
第11話相識満天下心知能幾人夕食が済んで、部屋に入ってから、みゆはずっと電話で話している。うーにゃんはするりと身をよじらせ、ドアの隙間からなかに入った。みゆがだれかの相談にのってい
2019.11.20
第10話全機現「あら、たいへん。どうしたの?そんな真っ赤な顔をして」帰宅したパパにママが声をかけた。「どうしたもこうしたも、焼け死ぬかと思ったよ」パパはそう言いながら、ジャケットを

ADVERTISING

ココロバエ

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Recommend Contents
このページのトップへ