うーにゃん先生の こころのマッサージ

ADVERTISING

美し人
ココロバエ

森羅万象すべて同じ

2020.08.30

第38話 

 

明々百草頭 

 

「早く救急車を呼べ!」

 パパが大慌てで叫んでいる。

 突然、うーにゃんが動かなくなり、ほどなくして意識を失った。前日まで元気だったのに、急な事態だった。

「なにグズグズしてるんだ救急車は!」

「だって、いま呼んだばかりだから」

 ママが困惑顔で答える。

「うーにゃんに万が一のことがあったら、ぜったいやつらを承知しないぞ。訴えてやる、逮捕してやる、呪ってやる」

「パパ、ちょっと静かにしていてくれる?」

 みゆにたしなめられて、ようやくパパの大騒ぎは鎮まった。

 

 うーにゃんは、救急車で信濃駅近くの大学病院へ運ばれた。診察を受けている間、みゆとパパ、ママは診察室の外で待っている。

 パパの顔は歪み、恐ろしい形相になっている。ときどき、うめき声をもらしたかと思うといきなり立ち上がり、ブツブツ言いながら歩き始める。すれちがう人たちは、オバケでも見るような表情でパパを避けている。

「大丈夫かな、パパ」

 みゆが心配そうにつぶやく。

「うーにゃんも心配だけど、パパも心配ね」

「生きた心地がしないよ」

 みゆは病室の扉とパパの方を見やり、大きくため息をついた。

 やがて看護師がやってきて、「診察が終わりましたから、こちらにお入りください」と言った。

 おずおずと病室に入ると、うーにゃんはベッドに横たわっていた。まだ意識はないようだ。腕に点滴がつながれている。

「先生、どうなんですか、うーにゃんは。まさか、まさかじゃないでしょうね。うーにゃんにもしものことがあったら、私たちはどうすればいいんですか」

「まあ、落ち着いてください。ただの過労です。いま、ブドウ糖を点滴していますから、そのうち回復します」

 医師は冷静にそう言い、言葉を継いだ。

「うーにゃんさんはずいぶん無理なさったんじゃありませんか」

「このところ講演会とか会合続きだったし、連載の原稿も溜まっているし……」

 みゆが答えた。

「ネコは人間のようにエネルギーのストックができませんから、急にバッテリー切れを起こすことがあるんです。もっとも、うーにゃんさんのように働きづめのネコはいませんから、ふつうは問題ないんですけれどね」

「だから言ったじゃない。仕事し過ぎだって。あなたがどんどん引き受けろって言うからよ」

 ママはパパを睨んだ。ふだん、パパに意見を言うことはないが、ここぞとばかり口をとがらせた。

「そうだよ。うーにゃんがあんなに頑張って稼いでも、みんなパパが使っちゃうんだもの。かわいそうだよ、動物虐待だよ」

 みゆも同調する。パパは力なくうなだれ、視線を落とした。

「まあまあ、それくらいにして……」

 絶妙なタイミングで医師が間をとりもった。

 やがて小一時間ほど過ぎると、うーにゃんの意識が戻った。

「う、うーにゃん……」

 パパはうーにゃんの枕元に顔を近づけ、嗚咽をもらす。

「悪かったな、うーにゃん」

 うーにゃんはキョトンとしている。ようやくそこが病室だと気づき、今まで気を失っていたことを悟ったようだ。

「明々百草頭(めいめいたりひゃくそうとう)」

 うーにゃんはかすれ声でそう言った。

「どうしたんだ、またわけのわからないことを言って」

「すべてに命が宿っているよ。気を失っている間、いろんなことがわかった。いろんな風景が現れたよ。木も花も虫も人間もネコも水も石も、み〜んな同じだよ。はっきり見えた。命が輝いているのが見えた。すごいよ、この宇宙はすごいよ」

 みゆはすかさず「禅語辞典」を開いた。

「えーと、明々ははっきりしていること。頭は強調の言葉。百草は百種類の草という意味ではなく、この世のあらゆる生き物、森羅万象、山河大地、瓦礫から塵芥に至るまでのいっさい……とある」

「うん、そうだよ、みゆ」

「どうやら、おまえはすごい世界を覗いてしまったみたいだな」

「うん、そうだよ、パパ」

「わたしも見てみたいわ」

「うん、見られるといいね、ママ」

 うーにゃんはどこまでも〝人のいい〟ネコである。

 

本サイトの髙久の連載記事

◆海の向こうのイケてる言葉

◆多樂スパイラル

◆死ぬまでに読むべき300冊の本

◆偉大な日本人列伝

 

髙久の著作

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

 

お薦めの記事

●「美しい日本のことば」

今回は、「夜振火」を紹介。夏の夜、川面に灯りをともすと光に吸いよせられるように魚が集まってきます。この灯火が「夜振火(よぶりび)」〜。続きは……。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ