うーにゃん先生の こころのマッサージ
HOME > Chinoma > うーにゃん先生のこころのマッサージ > 大失敗のなかに成功の芽がある

ADVERTISING

ココロバエ
魂の伝承

大失敗のなかに成功の芽がある

2020.08.20

第37話 

 

春在一枝中 

 

 小一時間ほども過ぎただろうか。みゆはまだ突っ伏して泣いている。みゆの横でうーにゃんは思案にくれている。どうしていいかわからないのだ。

「いったい、どうしたんだ?」

 いつも明るいみゆがずっと泣いているのを知って、パパは扉を開けてうーにゃんに訊く。

「それがねえ……」

 うーにゃんは事情を説明した。つまり、こういうことだった。

 友人に勧められ、持っているお金の大半をある投資ファンドに投資したのだが、その会社が破綻したという。おまけに、仕事で単純なミスを重ね、最大のクライアントと取引停止になりそうだという。踏んだり蹴ったり、泣きっ面に蜂とはまさにこのことだ。

「で、いくら損したんだ?」

 パパがそう訊くと、うーにゃんは小声でパパに教えた。

「えー!!!!! そんなに持っていたのかこいつは。それだけあったら、新車、現金で買えただろうが」

「パパ、今はそういう話じゃないよ。デリカシーなさすぎ」

 うーにゃんはため息をついた。

「そうかな」

 さすがにパパも場違いな発言をしてしまったことを恥じている様子だ。

「それじゃ、これから予定があるし、ここにいるのもなんだから、まあなんていうか、うーにゃんにまかせたぞ。いいな、うーにゃん」

「うん」

 パパはそう言いおいて、いそいそと外出した。うーにゃんとママは顔を見合わせてうなだれた。

 

 翌日、みゆは腫れぼったい目をして起きてきた。

「うーにゃん、昨日はありがとう。いっぱい泣いたら、スッキリした」

「よかったね」

 昨夜、うーにゃんはただ黙って、ずっとみゆの傍らにいたのだ。

 朝食のあと、みゆとうーにゃんは近くの公園を散歩した。

「うーにゃん、抱っこしてあげる」

「やったぁ!」

 木々の葉のすき間から雲ひとつない空が見える。

「空ってこんなに青かったんだね」

「雲の形も面白いね」

 ふたりはしばらく黙って歩いた。

「ねえ、みゆ。あれ、見て」

 うーにゃんは、指を伸ばして梅の枝を指した。

「ハハハハ、うーにゃんの指、おもしろい」

「うーの指じゃなくて」

 みゆはあらためてうーにゃんが指した枝を見つめた。

「梅でしょう? それがどうしたの?」

「気休めかもしれないけど、みゆはこの梅と同じだよ。ほら、芽がパンパンに膨らんでいるでしょう?」

「うわー、ほんとだ」

「春在一枝中(春は一枝のなかにある)という言葉があるんだけど、いちばん寒い季節なのに、芽が膨らんでいる。一本の枝に春があるっていうことだよ。みゆのなかにも春があると思うんだ」

「……」

「誘われてファンドに投資をするのが悪いとは言えないけど、儲け話にはそれなりのリスクがあるということを忘れていたというのも事実だよね? ふつうでは考えられないようなミスを何度も犯してしまったのは、どこかに心のゆるみがあったからでしょう? 今回のことはみゆにとって大きな代償だったと思うけど、これを価値あるものにするには、これから同じ失敗を繰り返さないってことだよ。それができれば、失ったものよりずっと多くのものを得たとも言えるしね」

「そうかあ……」

「いろいろな人の伝記を読んでいると、必ずなんらかの失敗をしている。そして、それをバネにして成功している。この世の中は、失敗しないと成功しないうようにできているみたい」

「じゃあ、わたしも成功するのかな」

「するよ、する。みゆは失敗を次に活かすことができる子だよ。うーが保証する」

「うーにゃんに保証されてもねぇ……」

 みゆはそう言ったあと、「やっぱり、うーにゃん先生だわ」と言いながら、うーにゃんに頬ずりした。

 うーにゃんは春の匂いがした。

 

本サイトの髙久の連載記事

◆海の向こうのイケてる言葉

◆多樂スパイラル

◆死ぬまでに読むべき300冊の本

◆偉大な日本人列伝

 

髙久の著作

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

 

お薦めの記事

●「美しい日本のことば」

今回は、「雲の鼓」を紹介。雲に鼓とくれば、鬼。「風神雷神図屏風」の雷神が浮かびませんか。そのとおり、「雲の鼓(くものつづみ)」とは「雷」のこと。雲にのって現れた鬼神は〜。続きは……。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

 

ADVERTISING

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ