うーにゃん先生の こころのマッサージ
HOME > Chinoma > うーにゃん先生のこころのマッサージ > 自然の懐は限りなく大きい

ADVERTISING

美し人
ココロバエ

自然の懐は限りなく大きい

2020.08.10

第36話 

 

風過消物跡 

 

 ついにうーにゃんにも専用の部屋があてがわれた。3畳ほどのスペースで、納戸として使われていた部屋だ。うーにゃんが仕事で使う物が増え、みゆの部屋に置ききれなくなっていた。

 みゆが外出する前、うーにゃんに声をかけた。

「じゃあ、うーにゃん。出かけるからね。……あれ? なにやってるの?」

 うーにゃんは自分の尻尾を持って、半紙に字を書いている。よく見ると、尻尾は墨汁だらけだ。床に黒い斑点ができている。

「やだあ、床汚しているじゃない」

 うーにゃんはみゆがなにを言っても聞こえていない。いつもなら、声をかけられるとレーダーのように声の方角へ耳が向くのに、ピクリとも動かない。

 ひととおり書き終えて力を抜いたとき、みゆに気がついた。

「あ、みゆ、お出かけ?」

「お出かけじゃないようーにゃん。いったいなにやってるの」

「習字だよ」

「なにも自分の尻尾を使うことないじゃない。筆を買えばいいのに」

「筆より尻尾の方が書きやすいから。ほら見て、案外うまいでしょう?」

 みゆは体を乗り出し、まじまじと見る。

「風……、次がわかんない。消える、物、跡……かな」

「風過消物跡。風過ぎて物の跡消えると読むんだよ」

「また禅語?」

「ていうか、うーが考えた言葉なんだけど」

「どういう意味なの?」

「風が通り過ぎて、いろいろな物の跡が消えるという意味だよ」

「……それだけ? なんか、つまんないね」

 

 みゆは電車のなかで、うーにゃんが書いた字句を思い出した。ネコの尻尾を使って書いたとは思えないほど、勢いがある。濃淡のメリハリがあり、かすれ具合もいい味を出している。自分の尻尾を使っているから、自由自在に書けるのか。風が通り過ぎて、いろいろな物の跡が消えるという意味も心に引っかかっていた。得体の知れないモヤモヤが頭の片隅に渦巻いていた。

 

「あれから考えたんだけどね」

 夕食の席でみゆがうーにゃんに言った。

「なにを?」

「うーにゃんが書いた字のこと」

 みゆがその話題を出すと、パパが顔をしかめ、うーにゃんはうつむいた。どうやら、床を汚したことでパパからひどく叱られたらしい。

「風が通り過ぎて、いろんな物が消されるって、すごく自然の大きさを感じるよ。地球に生き物が誕生してから、ずっとそうだったのかなって。いろんな生き物が生まれては死んでいく。その跡を風がきれいに消していく。そう考えると、なにも思い残すことはないんだよね。思う存分、やりたいことをやればいいって思う」

 じっくり考えたからか、ふだんのみゆからは想像もできないようなことを言う。

「なに言ってるんだ。みゆはずっとやりたいことやってるじゃないか」

 みゆはパパの揶揄を無視して言葉を継いだ。

「どこかの砂漠に住んでいる原住民が言ったことを思い出したよ。人が死んで、風がその足跡を消したときがその人の最期だっていう言葉。たしか、パパかママに教えてもらったような気がする」

「それ、カラハリ砂漠に住んでいるサン人の言葉でしょう?」

 ママが口をはさんだ。

「すごい死生観だよね。肉体が滅んだときが最期じゃなくて、自分の痕跡を風が消したときが最期だっていうんだから」

 そもそも食事をしながらこんなことを語り合う家族がどこにいる?

「ところで、うーにゃんに質問がある。物の跡って書いてあるけど、この『物』ってどういう意味だ?」

 パパはうーにゃんにそう訊いた。猫背のうーにゃんは背を伸ばして答える。

「物はこの地球にいるあらゆる生き物だよ。もちろん、ニンゲンも含めて。もともと物には人という意味もあるしね。人のことを人物っていうじゃない?」

「ということは、うーにゃんもオレも物か?」

「そうだよ」

 うーにゃんは即座に答えた。当然と言わんばかりに。

「生きている間にいろんなことがあっても、ちゃんと自然が始末をつけてくれるし、いつでも大きな懐に迎えてくれる。そう思ってるんだ、うーは」

「そうかあ、なるほどな……。今度、おまえの書道展を銀座の知り合いの画廊でやってみようか。案外、高値で売れるかもしれないぞ。定価をてきとうにつけて、期間限定で半額セールというのもいいな。今ならうーにゃんの毛をプレゼントするというのもいいかもな。お守りになるとかなんとか言えば、本気にするヤツもけっこういるだろ」

 パパはふむふむとうなづき、不敵な笑みをこぼした。

 

本サイトの髙久の連載記事

◆海の向こうのイケてる言葉

◆多樂スパイラル

◆死ぬまでに読むべき300冊の本

◆偉大な日本人列伝

 

髙久の著作

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

 

お薦めの記事

●「美しい日本のことば」

今回は、「雲の鼓」を紹介。雲に鼓とくれば、鬼。「風神雷神図屏風」の雷神が浮かびませんか。そのとおり、「雲の鼓(くものつづみ)」とは「雷」のこと。雲にのって現れた鬼神は〜。続きは……。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ