うーにゃん先生の こころのマッサージ
HOME > Chinoma > うーにゃん先生のこころのマッサージ > 感謝すれば、だれもが幸せ者

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

感謝すれば、だれもが幸せ者

2020.07.30

第35話

 

知足者富 

 

「きょうで終わりだね」

 みゆとうーにゃんは、カレンダーを眺めながら、どちらともなくつぶやいた。202●年12月31日、大晦日である。

「みんなそろったか?」

 家族4人は厚着をして玄関を出た。

「目指すは明治神宮なり。ものども、進めぇ!」

 戦国武将になりきったパパは、まったくトンチンカンの掛け声をあげた。同じマンションの住人が遠巻きに通りすぎ、怪訝な表情で振り返った。

 大晦日、明治神宮へお礼参りをするのは一家の習わしだ。

 4人は砂利を踏みしめながら参道を進む。乾いた音が耳に心地いい。

 みゆとうーにゃんは間断なく喋っている。

「このまえ、美容室で面白い話を聞いたよ」

「どんな?」

「私を担当している人、沖縄の宮古島出身なんだけど、18歳の年の大晦日、初めて東京に出てきたときが大雪で、空から白い粉が舞い落ちてくるのをうっとりしながら眺めていたんだって」

「沖縄の人が初めて雪を見たら感動するよね」

「ところがね、しばらく見とれているうちに体が冷えてきて、これはいけないと思ったんだって」

「寒いのが苦手なうーなら風邪引いてしまうかも」

「それで、次の日、初詣に行って、健康でありますようにって願ったんだけど、なんとその日のうちに風邪をひいたんだって」

「ハハハハハ」

「自分都合の願掛けはダメだってそのときに悟ったみたい」

「いつもパパが言っているよね。願いごとには2種類ある。いい願いごとは世の中がよくなるように願うこと。そのなかに自分の幸せも含まれる。悪い願いごとは自分のことだけよくなるようにと願うことだって」

「そんなにいろんな願いごとをきいていたら、神様だって倒れてしまうよ」

「うーは、拾われてこの家に来てからずっと、大晦日のお礼参りに連れてもらっているけど、すごく素敵な習慣だと思うな。1年間、無事に過ごせたことに感謝の気持ちを伝えるって」

「うん。ふだんはトンチンカンなことばかり言っているパパだけど、それだけはまともだよね」

「なんだと! 無礼者はこうしてくれる」

 そう言うなり、パパは袈裟懸けにみゆを切る真似をする。

「うわー、やられたぁ」

 みゆは切られたフリをしてのけぞった。それを見て、ママは呆れた顔をしている。

「まったく、あなたたちよりうーにゃんの方がよほど大人だわ」

「ハハハハハ」

 

 大晦日は本殿のなかまで入れない。本殿前に囲いが設えられ、賽銭箱代わりになっている。4人は二礼二拍手一礼をした。

 参拝のあと、4人は表参道のカフェに入った。

「ねえ、パパ。どうしてうちは初詣をしないで大晦日のお礼参りなの」

 うーにゃんはカプチーノの泡を口の周りにつけたままそう言った。

「それは俺があまのじゃくだからだよ。みんなとちがうことをしろ。それが俺の原則だ」

「ちがうことをするとなにがいいの?」

「心もちがいいんだよ」

「へぇ〜、そうなんだ」

 うーにゃんはわかったようなわからないような表情をした。

「ほんとうはな、願いごとするより感謝した方が気持ちがいいからだよ」

「それわかる。うーも、いちばん気持ちがホッとするのって、ありがたいなあって思うときだもの」

「だろう? だいたい、人混みのなかをかき分けて、てめぇの欲望ばっかり神様に押しつけたって、神様が聞いてくれるはずがないじゃないか。それより、今年も1年間、自分たちを守ってくれてありがとうって感謝の気持ちを伝えた方がずっといい。この場合の『自分たち』というのは、この家族だけじゃない。いまこうして生きているすべての生き物のことだ」

「そう思えない人がいろいろ願いごとをするのかな」

「なにも願いごとのすべてが悪いと言っているわけじゃない。物事の順序を言っているんだ。まずは感謝が先ってことさ」

「それって、足るを知る者は富むっていうこと? 自分に与えられたものに満足し、感謝している人は富める人だって」

 みゆが口をはさんだ。

「おー、みゆにしては上等なことを言うじゃないか。どこで覚えたんだ?」

「この前、うーにゃんから聞いた」

 そう言って、みゆは屈託なく笑った。人間がネコに教えてもらうことを、なんら恥じていない。そのプライドのなさは、案外いいものかもしれない。

 

本サイトの髙久の連載記事

◆海の向こうのイケてる言葉

◆多樂スパイラル

◆死ぬまでに読むべき300冊の本

◆偉大な日本人列伝

 

髙久の著作

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

 

お薦めの記事

●「美しい日本のことば」

今回は、「雲の鼓」を紹介。雲に鼓とくれば、鬼。「風神雷神図屏風」の雷神が浮かびませんか。そのとおり、「雲の鼓(くものつづみ)」とは「雷」のこと。雲にのって現れた鬼神は〜。続きは……。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ