うーにゃん先生の こころのマッサージ
HOME > Chinoma > うーにゃん先生のこころのマッサージ > どんな日も〝いい日〟につながっている

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

どんな日も〝いい日〟につながっている

2020.07.10

第33話 

 

日々是好日 

 

 テレビ、新聞、ネットのニュース。よくもまあ、こんなに悪いことをする人がいるものだと呆れ返るくらい、世の中は「悪いニュース」があふれている。

 みゆとうーにゃんは、ある事件について話している。繁華街で次々に人をナイフで刺し、6人に重軽傷を負わせたという事件だ。容疑者は「嫌なことばかり続いていたからムシャクシャしていた。だれもでいいから刺したかった」と言ったという。

「どうしてこんなにムシャクシャしてしまうんだろう」

 ムシャクシャしたことがないみゆには、どう考えてもわからない。うーにゃんも同じ。基本的にネコはムシャクシャしないからだ。

「『日々是好日』っていう映画があるじゃない。樹木希林さんの最後の映画。うーはまだ観ていないけど、タイトルがいいよね。にちにちこれこうじつ。いい日も悪い日もそれなりに意味がある。いっさいのこだわりをなくせば、みんないい日になるって」

「わたしもまだ観ていない。こんどいっしょに観に行こうか」

「いいね。みゆのおごりだよ」

「ずるい! うーにゃんはたくさん仕事があって、たくさんお金持ってるじゃない」

「でも、全部パパに預けてる。ネコに金を持たせておくとろくなことがないって」

「えー? パパに? たぶんネコババしちゃうよ。この前、車買い替えたいって言ってたもの」

「それは困るよ。それにしてもネコババって、いやな言葉」

「語源はなんだろうね?」

「それより、日々是好日の話」

「いい日も悪い日もそれなりに意味があるって言ったよね」

「うん。いいとか悪いとかって、結局、こだわりなんだよ。ほんとうはいいも悪いもない。たとえば、天気だってずっと良かったらどお? カラカラに乾いて植物が枯れたり、水がなくなったりするでしょう? 晴れの日もあれば雨の日もある。だからバランスが保たれている。台風だってそうだよ。老木が倒れたり、地面に溜まった落ち葉が吹き飛んでいくことでまた新たな生命が生まれてくる」

「たしかに。病気をしたことで健康への関心が高まって長生きするっていう話も聞くしね」

「要は、一見マイナスのことに見えても、それをどう活かすかでその後が変わってくるということだよ。突き詰めれば、いいことも悪いことも、いい結果につながるっていうことだよね」

「すごく楽天的でお気楽そうに思えるけど、そう考えれば、嫌なことなんてなくなるね」

「そう。まして、ムシャクシャして人を刺すだなんて」

 そこへパパの大きな鼻歌が聞こえてきた。

「パパ、帰ってきたみたいよ。お金のこと、言った方がいいよ」
「あ、パパ。おかえりなさい」

「おー、うーにゃん。相変わらず三食昼寝付きでお気楽そうな顔してるな」

「それよりもパパ、この前預けた55万円、返してくれない?」

「あれはオレが預かっておくって言っただろ。なくしたらどうするんだ?」

「なくさないよ。うーはお金持って外出しないもの」

「空き巣に入られたらどうするんだ?」

「ここ、セキュリティがしっかりしているから空き巣が入ることはないよ」

「誰かにネコババされたらまずいだろ」

「だから言ってるんじゃない」

「なんだ、おまえ。オレがネコババすると思ってるのか。車の頭金が足りないから、飼い猫のお金をネコババするとでも思っているのか」

「頭金、足りないの?」

「……、そ、そう言われれば、そうかな」

 急にパパの表情が曇り、弱気な口調になった。

「ママに叱られたんでしょう?」

「うん、まあな。最近、デカイ買い物ばかりしているからな」

「そういえば、最近、伽羅を買ったよね」

「友だちが香木をたくさん持っていて、つい」

「良寛さんの掛け軸も買ったんでしょう?」

「友だちが画商で、つい」

「ピカソのデッサンもパパが買ってきたんでしょう?」

「友だちに誘われて、オークション会場に行って、つい」

「わが家は火の車だって、この前、ママが言ってたよ」

「……頼む、うーにゃん、あの55万円を貸してくれ。車が来たら、好きなところへ連れて行ってやるから」

 そう言って、パパは頭を下げた。

「ツメをたてるからうーにゃんはゼッタイ車に乗せないって言ったのはだれ?」

「それは今すぐ撤回する」

「しかたないなあ……」

 なにごとも転じて良くなることがあるにちがいないと思い、うーにゃんは「いいよ」と言い、日々是好日と心のなかで念じた。

 

本サイトの髙久の連載記事

 

◆海の向こうのイケてる言葉(新コラム)

◆「多樂スパイラル」

◆「死ぬまでに読むべき300冊の本」

◆「偉大な日本人列伝」

 

髙久の著作

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

 

お薦めの記事

●「美しい日本のことば」

 今回は、「五月雨」を紹介。「さみだれ」です。梅雨の季節に東北を旅していた松尾芭蕉も――五月雨を集めて早し最上川 と詠んでいます。続きは……。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

 

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ