うーにゃん先生の こころのマッサージ

ADVERTISING

ココロバエ
魂の伝承

時が解決してくれる

2020.06.20

第31話 

 

春来草自生

 

「たいへんなことになったの」

 パパが帰宅するとママが小走りに玄関へ行き、慌てた様子でそう言った。

「なんだよ、いきなり」

「さっき官房長官から電話があって……」

「官房長官って、あの……ス、ス、スがつく官房長官か?」

「そうなの」

「まさか本人じゃなくて秘書からだろう?」

「それが、あの官房長官からなの」

「で、用件は?」

「うーにゃんを政府が特別表彰したいって言うのよ」

 えー!!!

 パパの声が二オクターブ裏返り、のけぞった拍子に、後頭部を玄関の扉にぶつけた。

「うーにゃんを? どうしてまた」

「一億総活躍社会のお手本だって言うのよ。ネコなのに働いて税金を納めているのはうーにゃんだけだって」

「そりゃそうだろう。で、うーにゃんにはそのことを言ったのか?」

「もちろん、伝えたけど……」

 そのとき、うーにゃんがのっそり現れた。

「よー、うーにゃん、出世したもんだな。日本政府がおまえを表彰したいんだとよ」

「う〜ん、でもあんまりうれしくないよ。ママは首相官邸での表彰式に裸じゃいけないって言うけど、第一、うーは着るもの持ってないんだもの」

「そうだなあ、おまえもいちおうレディだし、素っ裸で出席するわけにはいかんだろ」

 はたしてネコが服を着ていない状態は「素っ裸」なのかどうか、うーにゃんはしばし黙考したが、結論は出なかった。

 夜、みゆが帰ってきてから、うーにゃんの特別表彰のことで話は盛り上がり、みゆがSNSで発信すると、お祝いのコメントがわんさか届いた。

「みゆ、うーにゃんのことを広めるのはよしなさい。ここに人が押し寄せて来るかもしれないから」

「そうよね、うーにゃんはどこに住んでいるのかって話題になるだろうし、ご近所迷惑になるし」

「それに、うーもあんまり有名になりたくないよ。この前もみゆと散歩していたら、通りがかりの人から握手を求められたもの。有名になることは不自由になることだってパパがいつも言っているけど、そのとおりだと思う」

 

 ニュースにうーにゃんの顔がアップで映しだされた。政府がうーにゃんを特別表彰することに決まったと報じている。官房長官が記者会見で説明している姿も映った。

 その後、ニュースキャスターは、うーにゃんが「先生」として活躍していること、とりわけネットでの人生相談はアクセスが前代未聞の数字を記録していると報じている。

 人生相談の一例として、自分の友人に彼氏を奪われた23歳の女性からの相談が紹介された。彼女は、それ以来、友人に対する憎しみが高じて、なにも手につかないという。

 それに対するうーにゃんの回答も紹介された。うーにゃんはこう書いている。

 ――あなたはとてもいい体験をしましたね。恋愛はいいことばかりじゃありません。だから、ニンゲン的にすごく成長できるんです。「春来たらば草おのずから生ず」という言葉があります。時間がたてば、おのずとなるべき状態になるという意味です。あなたの今の苦しみはすぐには消えません。でも、時間がたてば、「どうしてあんなに悩んでいたんだろう、憎しみに支配されていたんだろう」って思えるはずです。そのときは、あなたがニンゲン的に成長したということです。魅力がある人は、必ずと言っていいほど、つらい恋愛体験をしています。あなたもそういう人になれるチャンスをつかんだのです。

 

 キャスターがうーにゃんの回答文を読み上げると、ママもみゆも大笑いした。パパは腹をかかえて床に倒れる始末笑。

「なにをえらそうに! おまえ、恋愛したことあるのか?」

「そうだよね、生まれてすぐ、田んぼのあぜ道に捨てられて、それからずっとこの家にいるんだもんね」

 みゆも続けた。

 うーにゃんは、下を向いてぶつぶつ言っている。

「でも、すごいじゃない。まるで自分が体験したかのように答えているんだから」

 ママの助け舟は泥舟だったようで、うーにゃんはますます沈んでいくのであった。

 

本サイトの髙久の連載記事

 

◆海の向こうのイケてる言葉(新コラム)

◆「多樂スパイラル」

◆「死ぬまでに読むべき300冊の本」

◆「偉大な日本人列伝」

 

髙久の著作

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

 

お薦めの記事

●「美しい日本のことば」

 今回は、「五月雨」を紹介。「さみだれ」です。梅雨の季節に東北を旅していた松尾芭蕉も――五月雨を集めて早し最上川 と詠んでいます。続きは……。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

 

ADVERTISING

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ