うーにゃん先生の こころのマッサージ

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

夢と妄想は紙一重

2020.05.20

第28話 

 

莫妄想 

 

「うーにゃん、今日のスケジュールは?」

 朝、パパがうーにゃんに訊いた。その昔、ネコはネズミを捕まえるという仕事があったが、今のネコはただ食っては寝るだけだ。しかし、最近のうーにゃんは講演やらシンポジウムやらサイン会やらでなにかと忙しい。

「今日は空いているよ」

「そうか。じつはな、俺が世話になっている人の弟がうーにゃんに相談があるっていうんだ。聞くところによると、妄想に生きているというか、周りに迷惑をかけているというか……。困った人らしい」

 パパは首をかしげながら語る。いつもとちがって歯切れが悪い。

「パパが相談にのるのはどうなの?」

「人にアドバイスされるのが嫌な人らしいんだよ。でも、ネコの言うことなら聞くかもしれないだろう? うーにゃんの話をしたら、弟を行かせるから、ぜひ会ってほしいと言われたんだ」

「うん、わかったよ。とりあえず話を聞いてみるね」

 Mさんはその日の午後3時に来ることになった。

 

「どうだった、うーにゃん?」

 Mさんが帰るや、パパがうーにゃんに訊いた。

「うーん……」

 そう言ったきり、うーにゃんは考え込んでしまった。うーにゃんは狭いひたいに何本もシワをよせて考えている。

「どうにもならないと思うよ、あの人。だって、はじめから聞く耳がないんだもの」

「でも、耳はついていただろ?」

「うん、でも、心の耳が閉じている。お兄さんから言われてしかたなく来たという感じだし、ずっと腕組みしていて上から目線だし。結局、自分が思い描いていることを相手に伝えて、それで終わりって感じ。いるんだよね、言葉にすることによって自分が思い描いていることが現実になったかのように錯覚してしまう人が」

「じゃあ、夢があるってことじゃないか」

「よく言えばそうなんだけど、あの人の場合は妄想だよ。現実と理想の区別がつかなくなっている。だってさパパ、聞いて」

 それからうーにゃんはネコ座りして、言葉を継いだ。

「いろいろ発明しては製品化しているんだけど、さっぱり売れない。モノづくりはあきらめ、こんどは檻のない動物園をつくろうと思って知り合いの雑木林を借りて毎日朝から晩まで林の手入れをしたけど、林がきれいになっただけで動物園はできない。次は何軒もの古民家を安く譲り受けて、それをリフォームして売ろうとしたけど、ひとつも売れない。大きな借金をしていろいろ取り組んだことがまったく実を結ばなかったことを意に介していないんだよ。で、今度は自分の考え方を本にしてベストセラーにするって言ってたよ」

「いいじゃないか、そういう人がいても。世の中、金太郎アメを輪切りにしたような人ばかりなんだから。ところで、関西ではアメにちゃんをつけるって知ってるか?」

「えー、知らなかった。アメを擬人化してるんだね」

 うーにゃんは急にアメを舐めたくなった。

「パパ、こんど、アメちゃん買ってくれる?」

「ああ、いいよ。俺も舐めたくなってきた。近くの駄菓子屋に売っているから、あとで買いに行こうか」

「うん。で、Mさん、収入はいっさいないから生活が困窮して奥さんと子供たちは出て行っちゃうし、食べる物にもこと欠く始末で、友人知人からお金を借りては返せないらしいの。それでも自分の夢を実現させたいと言っているんだから、ある意味すごいよね」

「まあ、バランスの問題だよな。夢と妄想は紙一重だ。無農薬リンゴの木村さんだって、ずっと夢を追い続けたけど、夜はスナックの呼び込みなんかもやって日銭を稼いでいた。最低限、家族を食べさせる収入を得ないと、絵に描いた餅になってしまう」

「莫妄想(まくもうぞう)だよね。妄想をするなかれ」

「そういうこと」

「妄想に生きるって、心地いいことでもあるよね。宝くじを買っただけで当選したような気になって無駄遣いしてしまう人がいるように」

「彼の生活を立て直すには、どうすればいいと思う?」

「まずは心のなかにあるこだわりのバケツをからっぽにして、聞く耳をたてることだと思うよ。そして夢を持ちつつ、食べていけるお金を稼ぐ。まずは生活の基盤を整える。仕事は選ばなければいくらでもあるしね」

「ネコのおまえだっていっぱい仕事してるんだからな。それにしても、人の意見を素直に聞くってことは、案外いちばん難しいかもな。まあいいかMさんのことは。いちおう義理ははたしたわけだし」

「そう、どうにもならないよ。行き着くところまでいかないと。パパ、それよりも駄菓子屋へ行こうよ」

「おーし、行こう!」

 うーにゃんとパパは、胸踊らせながらアメちゃんを買いに出かけたのである。

 

本サイトの髙久の連載記事

◆海の向こうのイケてる言葉(新コラム)

◆「多樂スパイラル」

◆「死ぬまでに読むべき300冊の本」

◆「偉大な日本人列伝」

 

髙久の著作

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

 

お薦めの記事

●「美しい日本のことば」

 今回は「零れ桜」という言葉。はらはらと舞い散る桜。零れ桜(こぼれざくら)です。日本人にとって、桜はもののあわれを誘う花。続きは……

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

ADVERTISING

ココロバエ

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ