うーにゃん先生の こころのマッサージ
HOME > Chinoma > うーにゃん先生のこころのマッサージ > 過去と未来と現在、その向き合い方

ADVERTISING

ココロバエ
魂の伝承

過去と未来と現在、その向き合い方

2020.03.20

第22話 

 

前後際断と一行三昧 

 

「ただいま」

 みゆがそう言って玄関を開けると、うーにゃんが玄関先で待っていた。

「おかえり」

「あれ? わたしが帰ってくるの、なんでわかったの?」

「みゆが帰ってくるときは、だいたいわかるよ」

 ほんとうにそんなことがあるのかな? みゆは腑に落ちなかったが、それよりも、うーにゃんに聞いてもらいたいことがたくさんあったので外出着のまま話し始めた。

 30分くらい聞き役を務めたうーにゃんは、みゆが一息ついた隙に言った。

「みゆはなんでも楽しいんだね。子供の頃と全然変わらないよ」

 聞けば、大学時代の友人とバッタリ顔を合わせてカフェで雑談を交わしたこと、取引先の担当者からアイスクリームをごちそうしてもらったこと、デパートのショーウインドウで見た贔屓のブランドの新作バッグのこと、彼氏から旅行に誘われたこと、ママに教えてもらったアップルパイを作って友だちにあげたけどすごく不評だったことなど、面白おかしく語って聞かせてくれた。

「この前もパパが言ってたよ。みゆはいつも精神状態がフラットだけど、あの娘は落ち込んだことはないのかなって」

「ひどいね、パパ。わたしがすごく鈍感だって思っているんじゃない?」

「ううん、ちがうよ。みゆはいつも楽しそうだから、親としてはありがたいって言ってた。うーもそう思うよ。気分にムラがあったり、わけもなく不機嫌だと、周りの人が困ってしまうもの。うーはそういうのって環境汚染だと思ってる」

 それから、どうしてみゆは心がフラットなのか、楽しいことが多いのか、という話題になった。

「簡単に言えば、前後際断と一行三昧(いちぎょうざんまい)だよね」

 うーにゃんが言った。

「前後際断と一行三昧? またまたうーにゃん先生は難しいことを言っちゃって」

「どっちも同じようなことを言っているんだよ。過去のことや未来のことを思い煩わないで、たった今、取り組んでいることに気持ちを集中するってこと。悲観的に考えてしまう人って、過ぎてしまったことをいつまでもウジウジと考えていたり、これから起こるかもしれないことをああでもないこうでもないと考える習慣がついている。ニンゲンの悩みのほとんどは過去のことと未来のこと。だからこそ、目の前のやるべきことに意識を向け、一心不乱にやれば、よけいな心配ごとから解放されて、いつも風通しのいい心もちでいられる。ね、それってみゆのことでしょ?」

「うーん、たしかに、わたしは目の前のことに没頭してしまうタイプかも。だって、世の中はおもしろいことでいっぱいなんだもの」

「そう思えるのはみゆの特長でもあるよ。そう思えない人は、努めてそういう気持ちになって、それを習慣化すればいいんだけど」

「そういうもんかなあ」

「そういうもんだよ。もうひとつ、どういう人とおつきあいしているかっていうことも大事だよ。類は人を呼ぶって言うじゃない? だから、気持ちが煮詰まってきたら、できるだけ明るい人に会うと流れが変わる。もっとも、みゆは人が集まってくる方だと思うけど」

「そう。だから、交際費がかかるんだよね。先月なんか、結婚式に四回もよばれた。東京と宇都宮と名古屋と大阪だから、交通費もたいへん。すごく楽しい半面、完全にことぶき貧乏だよ。それがなかったら、うーにゃんにモンプチとチーズをたくさん買ってあげられたんだけど」

「ありがとう。その気持だけで嬉しいよ、うーは。大丈夫、パパにねだってうんと買ってもらうから」

「なんだかんだ言って、うーにゃんもお気楽だよね」

 お気楽なふたりはいつまでも喋り、笑い転げた。

 ドアの隙間からふたりの様子を見た人物がいた。パパである。ドアの隙間からぬーっと顔を出し、「なにをねだるんだって?」と言った。

「モンプチとチーズだって」

 みゆが答えた。

「うーにゃん、おまえはネコだってこと忘れてるんじゃないのか? ネコはネズミを獲って食べるって昔から決まってるだろ。ネズミはうまいぞぉー」

「そんな下品なことできないよ。それにネズミがかわいそうじゃない?」

 うーにゃんが答えた。

「ったく、どこまでトンチンカンなヤツらなんだ」と舌打ちしてパパは退散した。

ADVERTISING

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ