うーにゃん先生の こころのマッサージ
HOME > Chinoma > うーにゃん先生のこころのマッサージ > 成果があったときの落とし穴

ADVERTISING

美し人
美し人

成果があったときの落とし穴

2020.02.20

第19話 

 

失意泰然 得意淡然

 

「なんかさあ、きょうのうーにゃん、態度大きくない?」

 みゆはママにそっと耳打ちした。

 たしかにそうだ。椅子に浅く座り、ふんぞり返っている。ママはくすんと笑って、みゆの耳元でひそひそと言った。

「あの本ができたからじゃない?」

「ああ、そうかも」

 ふたりは笑った。

 あの本とは、パパの知り合いの経営コンサルタントから依頼され、社員の持ち味を引き出すことをテーマにしたもので、うーにゃんが指南役になっている。タイトルもそのものズバリ、『うーにゃん先生の持ち味コーチング』。イチ太郎という犬に講義をするという形で、うーにゃんが並みはずれた見識を披露している。もともとそのコンサルタントが書いた原稿をうーにゃんがわかりやすく説明したものだから、うーにゃん作とはいえない。しかし、本になったことでうーにゃんの自尊心がくすぐられたようだ。

 パパが帰ってきた。着替えを済ませ、ビールで乾杯。

「むむ? うーにゃん、なんかエラそうだな」

 パパはすかさず指摘した。うーにゃんは相変わらず、ふんぞり返っている。

「そうかにゃ」

「そうかにゃじゃないだろ? ははぁ〜ん、わかったぞ。おまえ、勘ちがいしてるんだな。うーにゃん先生の持ち味コーチング」

「すごく評判がいいみたいだよ、パパ。さっきMさんから電話があって、うーにゃん先生様のおかげさまで社員研修が大盛況だって。お礼にモンプチを2箱送ってくれるって」

 うーにゃんいつになく自信たっぷりの口調でそう言った。

「そんなことを言われたからふんぞり返っているわけか」

「え? べつにふんぞり返っていないよ。うーはいつものうーだよ」

「ちがう。うーにゃんはいつものうーにゃんじゃない。なんなら鏡で見てみなさい」

 そう言って、パパは鏡をうーにゃんの前に持ってきた。

「あ、ほんとだ。心なしかふんぞり返っている」

「心なしかじゃないだろう。どこぞのお大臣様のような感じじゃないか」

「そう言われてみればそうかも」

 パパとうーにゃんのやりとりを聞いていたみゆとママは、こらえきれなくて吹き出した。

「なによ、失礼な」

 うーにゃんは気色ばんだ。

「だっておもしろいんだもん」

 その日の話題は、一変したうーにゃんの態度に終始した。どうして人間もネコも、心の状態が態度や表情に現れるのか。

「どうだ、うーにゃん。ふだんエラそうに不動心がどうの謙虚さがどうのとのたまっているけど、いざ自分が得意な気持ちになるとふんぞり返ってしまうというのは」

「恥ずかしいよ、うーは」

 うーにゃんは肩を落とした。

「ま、サルも木から落ちるし、弘法大師も筆を誤る。ましてネコに小判、ネコのひたい、ネコの手も借りたい、ネコババ、だ」

 うーにゃんはさらに縮こまった。

「ねえパパ、きょうはうーにゃんに禅語でなにか言ってあげてよ」

 いつも諭される側のみゆは、ここぞとばかりに言った。

「そうだな。では、失意泰然 得意淡然という言葉を進ぜよう」

「どういう意味?」

「失意のときはそれとわからないよう、いつもと同じようにしていなさい、得意なときは得意がらないで淡々としていなさい。それくらいの気持ちでいると心もちはちょうどいい具合になるという意味だ」

「落ち込んだときとかうまくいったときとか、それを表に出しちゃいけないの」

「悪いとは言わない。もともと人間は心に大きく左右される動物だから。でもね、自分の感情に振り回されてばかりいるのは感心しない。まして、成果が出たときに舞い上がってしまうようではダメだ。やがて傲慢な態度に変わっていく。もしうーにゃんだって、そうと指摘されなかったら、かなり横柄なネコになっていたかもしれないぞ」

 うーにゃんは、パパの言葉を聞いて、ますます肩身の狭い思いをした。

「でもな、うーにゃんはエラかった。うーにゃんの言うことを聞いていたイチ太郎の表情を見ていたら、パパは鼻高々だったよ」

 パパは取材のシーンを思い出し、そう言った。

 ふと、みゆはうーにゃんを見た。パパに褒められて、うーにゃんはふたたびふんぞり返っているのであった。

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ