うーにゃん先生の こころのマッサージ
HOME > Chinoma > うーにゃん先生のこころのマッサージ > 痛い思いをする前に考えること

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

痛い思いをする前に考えること

2020.01.10

第15話 

 

冷暖自知 

 

 日曜の午前、遅めのブランチのあと、みゆはママに尋ねた。

「ビットコインとかの仮想通貨って、かなり乱高下しているけど、いま買いどきだと思う?」

「そんなこと知らないわよ。パパに聞いてみたら?」

「パパに聞くと、いろいろ難しい話になるし」

「じゃあ、うーにゃんに聞いたら?」

「なんか、ネコに聞くのは癪にさわる」

 会話の最中、パパが現れた。

「なにを聞きたいだって?」

 みゆとママは顔を見合わせ、苦笑いする。

 みゆの質問を聞いて、パパは「みゆはどう思う?」と言う。

「うーん、わかんない」

「仮想通貨を買う目的はなに? 決済手段として便利だから? あるいは儲かりそうだから?」

「儲かるかもしれないから」

「お金はもともと道具のひとつだから、決済手段として使いやすいのはあるていど持っていてもいいと思うが、投機としてはどうかな」

 日曜の朝の話題としてふさわしいとは思えなかったが、パパは咳払いをして話し始めた。

「通貨が投機の対象になっているのは、どうしてだと思う?」

「儲かりそうだとみんなが思っているからじゃない?」

「じゃあ、円もそうだけど、仮想通貨そのものに価値はあるの?」

「ないよね。お札はただの紙だし、仮想通貨は紙でもない」

「なのに、なんで価値が上がるわけ?」

「みんなが価値があると認めているからじゃないの」

「そのとおり。じゃあ、みんなが価値を認めなくなったら?」

「価値はなくなる」

 そこでパパは大きな声でうーにゃんを呼んだ。

 若い頃なら数秒とたたず現れたが、少し歳を召した今は動きが緩慢だ。

「おっす、うーにゃん。相変わらず眠そうだな」

 ムニャムニャ……。

 うーにゃんは、言葉にならない言葉で返答する。

「仮想通貨は買いかどうかという話をみゆとしていたんだけど、うーにゃんは、どう思う?」

「うーは1円も持っていないからなんにも買えないけど、もし持っていたとしても買わない」

「なんで?」

「だって、乱高下しているということは投機の対象になっているからでしょう? 弾けないバブルはないもの」

「要は、仮想通貨がバブルのどのへんにあるかということだ」

「円とかドルとかの通貨は国が後ろ盾になっているから、国のファンダメンタルズを反映しているけど、仮想通貨は保証する後ろ盾がないから不安だよね」

「ネコのくせにファンダメンタルズを持ち出してきたか」

 そう言われて、うーにゃんは少しむっとした。

「問題はいつ下がるか? チキンレースみたいなもんだ」

 うーにゃんが現れてから、パパとうーにゃんの会話になった。

「ところで、バブルはだいたい30年おきに発生すると言われているけど、どうしてだと思う?」

「それは簡単だよ。世代交代する期間がだいたい30年だから」

「さすがはうーにゃん。ネコとは思えない」

 うーにゃんは誇らしく胸を張った。

「バブルが弾けるということは、たくさんの人がひどい目に遭うということでしょう? ひどい目に遭った人はもう二度と投機には手を出さないよ」

「要するに、学習効果ということか」

「そのかわり、まだ体験していない人が同じてつを踏む。昭和から平成にかけてのバブルから30年ちょっとだよ」

「それを教訓として禅の言葉で表すとしたら?」

「冷暖自知、かな」

「その心は?」

「実際に体験しないとほんとうのところは理解できない。冷たいのも熱いのも、実際に触ってわかるもの。うーは一度、使い終えたばかりのガスコンロに触ってヤケドしたことがあるよ。それ以来、ガスコンロには近づかないもの」

「経験から学ぶということだな」

「でもね、それだけじゃない気がする。痛い思いをしたら、だれだって手を引くじゃない。でも、そうなる前に結果を予測して、行動できるかどうかが大切なんだと思う。およそ三十年おきにバブルが発生しているというのは、ニンゲンが過去の教訓を活かせていないという証だよね」

「そう。人間は学べない生き物である」

 パパはそう言って腕を組んだ。

「そんなわけだから、仮想通貨を買うかどうかは、ひとえにみゆの見識にかかってる。さあ、どうする、みゆ?」

「う〜ん……。高値で売り抜ける自信はないし、せっかく貯めたお金が泡のように消えてなくなるのは悔しいし……」

「それから、もうひとつ重要なことがある。誰だってお金は欲しい。お金を嫌いだという人はほとんどいない。だけど、どういう方法で収入を得るか、その一点に品格のちがいがある」

「品格のちがい?」

「そう。やっぱりいちばん品格があるのは自分の本業、正業で収入を得ることだと俺は思うな。自分の仕事が人の役に立ち、その結果、対価を得る。そういう循環をつくれた人は品格がある。けっして投機行為すべてが悪いと言うわけではないけれど、いつも利殖を考えている人はかっこ悪い。これは人間観の問題だからいちがいに言えないけど、そういう基準で物事を考える必要もあるんじゃないかな」

 なるほど、とみゆは思った。一心不乱に仕事に打ち込み、それが人を感動させる。その結果としてなんらかの見返りがある。そういうことを自然体でしている人は美しい。そして、1円も持っていないのに文化的な暮らしができるうーにゃんこそ、人生の達人だと思った。

ADVERTISING

ココロバエ

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ