しのの歌
HOME > Chinoma > しのの歌 > 資料集コピーにかけてコピー機に教えてあげる奄美大島

資料集コピーにかけてコピー機に教えてあげる奄美大島


 コピー機はどこかに行きたいとか思うことはないんだろうか。コピー機だけじゃなくても、冷蔵庫や、ソファーや、本棚なんかは。

 子供が寝ている間に冒険をするぬいぐるみのアニメーションではいつも、大きな家具や家電は命を持たないことになっている。本当は大きな物だって感情があるかもしれないのに。朝のラジオにワクワクしたり、窓から差す夕陽に切なくなったり、そういう感情がぬいぐるみにあるのなら、他のものにだってきっとあるんじゃないか。幼い頃そういうアニメーションを見るたびになんとなくさみしい気持ちになっていた。

 高校の学習室に一台だけコピー機があった。放課後にたまに委員会の会議が行われたりするだけの人気のない部屋。教科書や資料集を忘れた際、友人のものをコピーしに何回か訪れたことがある。

 壁際に押し付けられるように設置されているコピー機。片方が切れたままになっている蛍光灯。資料集のページを印刷して、学習室の外の世界のことをコピー機に教える。そう、このページのあたたかくて明るい島は奄美大島って言うんだ。わたしたちが寝ている間に君もどこかに行けたらいいね。

Profile

三海 詩野

三海 詩野

(みうみ しの)

2001年10月2日生まれ。北関東出身。
全国高校生短歌大会(短歌甲子園)、2017・2018年団体戦2連覇ほか、高校3年間で計7つの全国1位を受賞。
好きな食べ物は葡萄とサバとパンケーキ。将来の夢は自分の歌集を出すこと、葡萄畑の麓に家を建てること。

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ