日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】

Introduction

いつの時代にも通用する、普遍的な言葉があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続ける言葉の数々。“心の栄養”として、活用してください。(テキスト/神谷 真理子)

Maxim Topics

「念」と「忘」とが協力し、一体となって「解」が得られるのである
森政弘
 ちょっと前にも紹介した、ロボット博士の言葉をもうひとつ。森博士の考察はおもしろい。科学畑でありながら、否、科学畑だからこそ、視点が高くなったり低くなったり、大きくなったり小さくなったり自由自在である。凡人が見落としてしまう塵芥に宝玉を見出すのはお手の物。この言葉も前回同様、著書
 
何者になれなくても、人は生まれてきた意味がある
『あん』より
 数年前に劇場で公開された映画『あん』で、この言葉を知った。あん作り名人のハンセン病患者、徳江さんを演じた樹木希林さんが、主人公のどら焼き屋の店長に綴った手紙を読み上げるシーンだった。この世から去ったあとのことだ。どの言葉も取り上げたいほど胸に響いて、今も忘れられない。  なぜ人
 
反省はするな。向上心はいらない
タモリ
 タレントのタモリの言葉である。某新聞のテレビ番組の紹介欄で見つけた。タモリと一緒に司会を担当することになった社会人になって間もない若手アナウンサーが、挨拶に行ったときにタモリからこの言葉をもらったという。 反省もせず、向上心もいらないとは、なんたることか。 ふつうなら、そう思う
 
長い目で、今を生きろ
森下典子
 ちょっと前にも紹介した。エッセイストの森下典子さんの言葉をふたたび紹介しよう。これまた同じ『日日是好日』から抜粋。サブタイトルに「『お茶』が教えてくれた15のしあわせ」とあるから、どの言葉を拾いあげても格言になる。 「まえがき」は、こう締めくくられていた。 ー お茶を習い始めた
 
後ろへ引けば視野が広がる
森正弘
 ロボット博士こと、森正弘氏の言葉を紹介。著書『退歩を学べ ロボット博士の仏教的省察』から抜粋した。森氏は工学博士でありながら、30年以上にわたり仏教や禅を研究しつづけている。おもしろい人もいるものだ。  冒頭にあった。「すべからく回光返照(えこうへんしょう)の退歩を学すべし」と
 
お金は肥料のようなものであって、ばらまかなければ役に立たない
フランシス・ベーコン
「知は力なり」の名言で知られるイギリスの哲学者、フランシス・ベーコンの言葉を紹介。「経験論の祖」とも言われているベーコンは、経験こそがなによりの証明になるとし、得た知識は使ってこそ生かされ、そこで体験したことがまた知識となることを説いた。ちなみに、同じ名前の画家もいるのでお間違え
 

SPONSORED LINK

Recommend

Recommend Contents
このページのトップへ