死ぬまでに読むべき300冊の本
HOME > 死ぬまでに読むべき300冊の本

Introduction

どんなに時代が変わろうとも、本が人類の知的財産であることに変わりはありません。
少年の時分より、本を師と仰ぐ髙久多美男がさまざまなジャンルから独断と偏見で選んだ300冊の本。
本選びの際の参考書として、活用してください。(テキスト/高久 多美男)

300 Books Topics

現実の世界と深層心理の世界をつなぐなにか
file.007『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』村上春樹 新潮社
 村上春樹はデビュー作『風の歌を聴け』からすべてリアルタイムで読んでいる。次作の『1973 年のピンボール』までは、時代を表した軽い小説としてしかとらえていなかったが(それでいて買って読んでいるのだから、なにか引っかかるところはあったのだろうが)、その次の『羊をめぐる冒険』で、この作家に対する関心が
 
Recommend Contents
このページのトップへ