人の数だけ物語がある。
HOME > インタビューブログ

Introduction

人の数だけ物語があります。本欄では、月3回、インタビュー形式でさまざまな物語を紹介します。

Interview Blog Topics

女性ならではの柔らかさ、しなやかさをガラスで表現したい。
vol.54ガラス作家植木寛子さん
ヴェネチアを拠点に制作を続けるガラス作家の植木寛子さん。ルーマニアでガラスに目覚め、単身ヴェネチアに飛んだのは23歳のとき。エミール・ガレの工法を学び、技術を磨きながら他にはない独自の作風を生み出しました。ハイヒールなどの靴シリーズや女性の肉体美などの造形美に加え、あでやかな色彩は一目で植木さんの作
 
書店で本を探し、出会い、感動する。そういう場を守っていきたい。
Vol.53有限会社ベレ出版 相談役内田眞吾さん
ベレ出版の創立者であり、現相談役の内田さんは、本ブログのVol.39で紹介した谷邦弘さんが店長を勤める「那須ブックセンター」のオーナーでもあります。地域に本屋が必要と訴え、書店過疎地域に本の文化を灯すことを目標に「株式会社書店と本の文化を拡める会」を設立。私財を投じて那須ブックセンターを開業しました
 
燻製の可能性を広げ、その魅力を伝えていきたい。
vol.52「妙乃燻上」代表津川清子さん
燻製の魅力に取り憑かれて10余年。オリジナルのチップを使い、肉や魚、野菜、果物など、いろいろなものを燻製にしてしまう津川さん。知る人ぞ知るその味は芳醇で、噛みしめるたびに味わい深くなっていきます。今や注文しても数ヶ月待ちというほどの人気ぶり。また、最近は花の燻製に夢中だそうで、ショップのディスプレイ
 
Recommend Contents
このページのトップへ