日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】

Introduction

いつの時代にも通用する、普遍的な言葉があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続ける言葉の数々。“心の栄養”として、活用してください。(テキスト/神谷 真理子)

Maxim Topics

今、自分がここにあるということ。それは、先祖代々の皆さまによって私は生かされているということです
千玄室
茶道裏千家第15代前家元、千玄室大宗匠。利休居士の子孫である彼は、物心ついたころから母親に「あなたは緑の血を持って生まれてきたのですよ」と言われ、育ったという。茶道の家元に嫁いだ母親は、夫が点てる茶を毎日飲んでいたのだから、その胎内にいた赤ん坊もまた、茶を味わっていたのだと、こと
私は経営学など勉強したことがない。何冊か手にとって読んだことはあるが、結局その逆をやればいいんだと思った
藤沢武夫
本田宗一郎の名参謀として影で支え続けた男、藤沢武夫。「本田」と「ホンダ」を世界に知らしめたのは、藤沢の経営手腕によるものであったことは間違いない。創業から一貫して裏方に徹した姿が多くの人を魅了した。世界のホンダは、藤沢なくしてありえなかった。二人三脚で歩み続けた本田と藤沢。二人の
「あの人はちっとも変わらない」といって喜ぶのは、いい意味にもなりましょうが、実はちっとも成長していなかったという悲しむべき結果であることもあります
白洲正子
白洲次郎の妻であり、文筆家であった白洲正子。芸術家や有識者たちとの親交も厚く、知的好奇心と独自の美的センスが生活全般にゆきわたった彼女の生き様は、「カントリー・ジェントルマン」とも称された夫次郎の生き様同様、憧れる人は多い。脳が成長ししつづけることは科学的に実証されているという。
練習は裏切らないといいますが、練習が裏切ることもある
イチロー
自分自身を高めるストイックさにかけては右に出るものはいないであろう、イチロー選手。小学3年生の頃から7年間、ほぼ毎日、約200球ものバッティング練習を行っていたことは有名である。日々の練習に向き合う姿勢は、その頃から変わっていない。いや、世界の舞台で活躍する今をもってしても、その
天分は、過保護にすると見えにくくなる
山田宏
前衆議院議員であり前杉並区長の山田宏氏の思いと言動は、以前も今も一貫して変わらない。「一人ひとりが自らの天分を生かし切ることのできる社会を」天分とはなにか。あえて説明する必要もないが、山田氏の言葉を借りて説明しよう。「“おまえしかできないことをやってみろ”。一人ひとりの魂は、天か
人間は出逢うべき人には必ず逢える。一瞬遅からず一瞬早からず
森信三
哲学者、森信三のこの言葉は有名だから知っている人も多いだろうし、知らなくても体験をとおして気づいている人もいるだろう。振り返ってみると、つくづく「なぜこのときに、この人と」と思うような出会いがいくつもある。いや、もしかすると、街ですれちがったあの人も、電車でたまたま隣に乗り合わせ

SPONSORED LINK

Recommend

Recommend Contents
このページのトップへ