多樂スパイス
HOME > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

名古屋コーチンと星野仙一
2008.02.02
 大阪、名古屋へ取材・撮影のため出張した折、名古屋コーチンの店・三和(創業昭和8年)へ行った。 実は恥ずかしながら、名古屋コーチンが鶏の名だと知ったのは最近のことである。それまでは、お笑い芸人の名かスポーツのコーチをもじった悪ふざけかと思った。子どもの頃からドラゴンズ・ファンなのに、しょせんその程度
 
大きな銀杏の木の下で、あなたと私
2008.01.27
 私がどうして歴史に興味をもったかと言えば、小学6年の時の先生の話があまりにも面白かったから。その先生は教科書そっちのけで、源平合戦の逸話などを臨場感たっぷりに語って聞かせてくれた。当時の高久少年は目を皿のようにして聞き、ワクワクドキドキしていた。 そんな風にして聞いた数多いエピソードの中で、源実朝
 
戦友、G4-Cube
2008.01.20
 どちらかと言えば、モノにはあまり執着しない方だ。車は好きだが、モノそのものに偏愛を感じているわけではない。そもそも私はメカ音痴なので、機械の類は見ても触ってもさっぱりわからない。「車が好き」というのは、車のモノそのものではなく、「車に乗る」というシチュエーションが好きなのだ。だから、デザインという
 
フーガ・コミュニケーションズ、始動
2008.01.12
 2008年の幕開けとともに、横浜に新しく設立したフーガ・コミュニケーションズという会社が始動した。 厳密に言えば、もっと前に始動していたのだが、事務所がきちんと開設され、スタッフが常駐するようになったのは今年の正月明けからである。 事務所の場所は、根岸線桜木町駅の西口。野毛ちかみち出口から徒歩1分
 
スポンタネの厨房
2008.01.06
 京都へ行くと必ず寄る店がある。「ビストロ・スポンタネ」。 鴨川に沿った川端通りの宮川筋にある、こじんまりとしたフレンチの店である。 私は通常のテーブル席に座らず、いつも厨房に面したカウンター席に座る。もともとゲスト用にしつらえた席ではないのかもしれない。なぜなら、今までに他の客がそこに座っていると
 
読書する猫
2007.12.31
 拙著『多樂スパイラル』を読んだ人なら、捨て猫が我が家に拾われてきた経緯を覚えているかもしれない。枯れ枝のようにガリガリの子猫があらん限りの声で助けを呼び、ついつい拾い上げてしまったことから我が家の3匹目のペットになったのである。 海の日に拾われたので「海」と名付けられたその猫はしかし、今やご覧の通
 
Recommend Contents
このページのトップへ