多樂スパイス
HOME > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

生き方が顔をつくる
2007.11.23
 気がついたら、超がつくくらい多忙な人間になってしまった。望むところではなかったが、誰かから指図されてこうなったわけでもないので、結局は自分が望んだことなのだろう。 広告会社の経営、広告の企画・制作、社員の労務管理、財務管理という本職に加えて、『fooga』の編集と取材・執筆・制作。その合間に、さま
 
宇都宮稲荷神社は鎌倉にあった
2007.11.17
 所用で鎌倉へ行き、若宮大路を歩いていた時、「宇都宮稲荷神社」という立て札が目に飛び込んできた。いちおう宇都宮に住む者として、無視できない状況である。立て札に誘われるように、小さな路地を曲がったのだった。 そこには、宇都宮稲荷神社のいわれが書いてあった。──宇都宮の名称は、1180年、源頼朝が鎌倉に
 
新しい会社の卵
2007.11.11
 バルザックの小説に、公証人が頻繁に登場する。お金をめぐる人間の暗部がこれでもか、と描かれるバルザック作品にはなくてはならない職業だ。公証人は、たいがいパリの裏通りの雑居ビルに事務所を構えていることが多い。遺言状など、隠密裏に正式の書類を作成するケースが多いことなどを考えると、どうしても人目につかな
 
エリゼ宮のメッセージ
2007.11.09
 実はたいそうな偽名を使って『fooga』に本のコラムを連載している。 ご記憶のある方もいるのでは? ちなみに五大陸寿太郎という名は、「世界中の文学に興味を」という意味と、私が尊敬する明治の外交官・小村寿太郎から失敬している。 題して「死ぬまでに読むべき100冊の本」。その名の通り、これは死ぬまでに
 
ストレスのおかげで
2007.11.04
 ただでさえ不健康な仕事をしている。毎日数時間は机に座り、パソコンに向かっている。当然、電磁波をたっぷりと浴びていることだろう。 おまけに最近は満員電車に揺られることが多くなった。よもやこの歳でそのような状況になるとは夢にも思わなかったが、これも自ら選んだ道、と自分を納得させている。 ある説によると
 
現代のサムライ
2007.10.27
 去る10月20日、宇都宮市の護国会館で行われた中田宏・横浜市長の講演を聞いた。「また、中田さんの話かぁー?!」と苦笑する人もいるだろう。しかし、ここはぐっと我慢しておつきあいしてほしい。 演題は「『余儀なき改革』から『創造的改革』」。 内容は演題から察しがつくだろう。 これまでは、今まさにそれをや
 
Recommend Contents
このページのトップへ