多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 破綻後を考えよう

破綻後を考えよう

2010.12.25

 来年度予算が決まった。

 史上最大の規模だ。昨年に続き、国債が税収を上回っている。今朝の新聞を読むと、「もう、限界」という記事が踊っているが、そういう論調の記事は10年くらい前から読んでいる気がする。

 私は数年の後、日本のシステムは破綻すると思う。「思う」ではなく、「100%破綻する」と言っていい。民主主義である以上、改善するのは不可能だ。いや、民主主義であっても、アメリカやヨーロッパの一部の国々はうまくそれを手なづけているが、日本人は民主主義を勘違いしているからこの制度のまま自力回復することは不可能だ。

 だから、そろそろ破綻後のことを考えて、覚悟を決め、それに対応することを考えるべきである。

 

 まず自衛隊を各都道府県に配置し、強権発動に対する暴動に備える。その上で、それまでのルールをすべてご破算にする。既得権益どころか、各人が持っている預貯金などは1割くらいしか残らないだろう。年金も退職金も保険もゼロ。公務員の数は半分以下になる。

 そういうところから、もう一度日本というシステムを再構築せざるをえなくなると思う。

 そして、外貨を稼ぐ国策会社を設立し、日本人の力を結集する。最低限の食料と原油を輸入する分だけ稼ぐのも大変だろう。街には失業者が溢れると思うので、一人当たり一日900円程度のミールクーポンを配布する。国民を食べさせるのは国家の最低限の義務だから。一食300円あれば、じゅうぶんだ。

 当然、それまでの政権はすべてを放り投げてどこかへ逃げてしまうにちがいない。皆、卑怯だから。そこで、覚悟のできている本物の政治家の出番となる。はっきり言って、超が3つつくくらいの貧乏クジだ。でも、誰かがやらねばならない。時代が要請しているのだから、そういう人物が必ず現れる。

 

 荒唐無稽だって? とんでもない。上の話はまだまだ甘い予測である。歴史を振り返れば、国が破綻するということがどういうことかわかる。本来はそんなもんじゃない。

 でも大丈夫。「人間本来無一物」だから。

 人は無一物で生まれてきて、無一物で死んでいく。

 しかしながら、生きている間にできることは無限にある。選択肢も無限。要するにどれを選ぶか、だろう。いろいろなことを想定して生きていれば、少しくらいの変化にはたじろがないはずだ。

(101225 第218回 写真は紅葉の落ち葉。新宿御苑にて)

 

 

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ