多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 師の愛する金地院

師の愛する金地院

2010.11.19

 京都・南禅寺のすぐ近くに金地院という禅寺がある。名前からもわかるように、金地院崇伝が家康の遺嘱により、家康の遺髪と念持仏とを奉戴するために寛永5年に造営したもの。崇伝は天海と並ぶ家康の強力なブレーンであった。

 今年の9月、京都を訪れた際、念願叶い、金地院に足を伸ばした。なぜ念願だったのかと言えば、我が師・田口佳史先生が京都で最も愛する寺院だから。特に庭の完成度は比類がないと田口先生がおっしゃるたび、「早く行かねば」と思いを募らせていたのだった。

 金地院の庭は超濃縮といっていいほど隙間なく木が植えられている。たいがい木と木の間には適度な空間をつくるものだが、この禅寺の庭の木はぎっしり詰まっている。右の写真からも見てとれるだろう。

 方丈に面した縁側に座り、何も考えずに庭を眺める。自分が「海」(※我が家の天才ネコ)になったようなつもりでボ〜〜〜〜〜〜〜〜ッと眺める。風が通らないのか、木々の葉はあまり揺れないが、その分、雲の流れが目に入る。方丈の白砂と木々の緑、そして真っ青な空。3つの色が醸す空気に身を委ねる。

 

「海はいつもこんな感じで生きているのかぁ」、そう漠然と感じた瞬間だった。

 

 京都にはまだまだ未訪の名勝がある。これからそれらを探しながらひとつひとつ訪れたい。

 ところで、あくまでも好きな京都ではあるが、一点だけ違和感がある。いつも感じることだが、街の中に共産党のポスターが多すぎることだ。なんとなく敵地に乗り込んだような気にさせられるのは私の政治信条がはっきりしているためかもしれないが、日本の伝統文化が色濃く残る京都だからこそ、いつまでも共産党の牙城であってはならない。共産党が日本の伝統的価値観にどのようなスタンスでいるか知れば、そう思うのは当然だろう。

(101119 第208回)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ