多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 義賊と左翼活動家の国家首脳

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

義賊と左翼活動家の国家首脳

2010.11.09

 尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件の映像がインターネットに流出したことで、はからずも民主党政権の外交音痴、とりわけ菅&仙石の正体が明らかになった。

 「誰があの映像を流出させたのか?」ではなく、「なぜあの映像を国民に隠したのか?」という方が10000倍も重要なことである。法治国家うんぬんと言うのであれば、なぜ、あの船長を釈放したのかと言いたい。もし、あの漁船と同じようなことを国民がした場合も菅&仙石は同じ対応をするのか?

 ここにあの政権の矛盾が凝縮されている。結局、中国には法を適用しない。そこまでしてへりくだりたいのか、あるいは何か決定的なことを握られているのか。わからない。

 なおかつ、政治主導と言っておきながら、一地方検事の責任にしてしまっているズルさ。

 なんて姑息な奴らだ。今が幕末なら、血祭りにあげられているだろう。

 

 先日の日本創新党の「創新フォーラム」において、党首の山田宏氏が、「映像を流出させた人は、政府が国民にひた隠すものだから、やむにやまれず行ったこと。彼は義賊である。たしかに法律は重要だが、道理のない法律は無意味だ。われわれは道理を問いただしたい」とおっしゃっていたが、まさにその通り。もし、その義賊が逮捕されるようなことになったら、多くの心ある国民が彼を(彼女を?)救わなければならない。

 

 つくづく思う。左翼の活動家が国家の首脳になってしまった悲劇を。彼らは日本に愛着を抱いていない。国旗や国歌に愛着を抱いていないと平気でのたまう一国のトップなど、世界広しといえど他にいるだろうか。彼らは「冷静に」と繰り返すばかりだが、今となってわかるのは、「ははーん、こいつらは日本が悪くなることに快感を覚えているのだな」ということ。戦後教育の負の面がここにきて一気に噴き出してしまった感がある。

 早く解散に追い込まなければ。一日経過する毎に、この国をボロボロになっていく。

(101109 第206回 写真はシナへの抗議デモ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ