多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 中国は国家のフリをした暴力団だ

中国は国家のフリをした暴力団だ

2010.09.26

 中国は国家の着ぐるみを被った暴力団だ。したがって中国人民は暴力団員である。恫喝すれば、他の国は何でもいうことを聞いてくれると思っている。人の家に勝手に押し入り、逮捕されたと言ってはイチャモンをつけてくる。恫喝が功を奏し、釈放されると今度は謝罪と賠償を要求してくる。とてもまともな国とは思えない。まさに暴力団そのものではないか。

 そういう国に、自国の法も適用できず、言いなりになっている日本もまた、国家の体をなしていない。

  民主党政権は、われわれ日本人の自尊心をズタズタに引き裂いてくれた。人間が生きていく上で必要不可欠な「誇り」を、あろうことか野蛮な暴力団に手渡してしまった。このことの代償ははかりしれない。

 

 日本には外交カードがないのだろうか。

 本来はたくさんあるはずだ。しかし、それを使う知恵がないし、そもそも発想もない。日本国憲法の前文にあるように、信義に従って行動すれば他国もそれに応じてくれると勘違いしている。

 今回の中国暴力団の暴挙は、ある意味、いい薬になったかもしれない。目を覚ますきっかけになったかもしれない。否、これでも中国の実態がわからないようであれば、重症である。あの暴力団国家とうまくつきあっていこうと思っているのなら、日本も毅然とすることだ。中国が困る外交カードを巧みに突きつけるべきだ。日本に防衛力がない現在、アメリカとの軍事同盟は不可欠だが、これまた「バカボンボン」がノーテンキな行動で弱体化させてしまった。

 しかし、また、民主党政権がこれから国家としてあるべき姿に軌道修正するとは考えられない。バカボンボン、権力の亡者、左翼の活動家、日教組のドン……。民主党はもううんざりだ。

 

 現代に大久保利通や陸奥宗光や小村寿太郎はいないのだろうか。彼らの外交手腕はものすごかった。

 現代に東郷平八郎や児玉源太郎はいないのだろうか。彼らの闘う気概は日本の危機を救い、世界中から尊敬を集めた。そういう人たちが築き上げた日本人の精神の基盤を中国と民主党がいっしょになって壊しているのである。

 われわれ日本人は、暴力団のフリをした中国にけっして屈してはいけない。

(100926 第193回 写真は東郷神社の門にはためく旗)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ