多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 日本志民会議広島フォーラム

日本志民会議広島フォーラム

2010.02.14

 2月11日、「よい国つくろう! 日本志民会議」広島フォーラムに参加した。

 熱い! 広島は熱かった!

 約600人の熱気に、上甲晃、山田宏、中田宏各氏らのメッセージが相まって、回天の動きは一気に加速した感がする。

 聞けば、その数日前に行われた福岡でのフォーラムも素晴らしい盛り上がりだったという。

 

 心ある国民は、今の政治にうんざりしている。まやかしと自己保身と問題先送りと優柔不断と院政による独断政治。亡国への路線、まっしぐらである。

 私は鳩山由起夫という人は戦後歴代の首相の中で村山富市に次いでひどいと思っている。どこを輪切りにしても、総理の器ではない。仲良しクラブの会長あたりが関の山だ。

 おそらく、民主党はダメだろうと思いながら、わずかな希望を託して民主党に票を投じた。しかし、こんなにも早く、ダメさかげんが露呈されるとは……。

 今回のフォーラムで素晴らしいと思ったのは、4人の市民による活動報告だった。皆、60〜70代で、多くの収入はないはずなのに、役所には一切頼らず、自分たちの力で地域を良くしていこうという活動をしている。日本国中、依存心の塊になっているのに、なんと立派な! と感心した。こういう大人が少しでも増えることを願うばかりだ。

 

 私は、いわゆる団塊の世代と言われる人たちが退職した後、どのようなライフスタイルに向かうのか、大いに興味を持っていた。彼らが豊富な経験を生かし、時間とお金と労力のわずかずつでも世の中のために使えば、日本は変わる、と思っていたのだ。

 しかし、今はほぼ失望に終わっている。彼らのほとんどは、自分のためだけに時間とお金と労力を使っている。さすがは「自分勝手な世代」である。聞けば、クレーマーのほとんどもその世代だという。しっかりしてくださいよ、と言いたいところだが、若い時分に受けた教育が今でも災いしているのだろう。「高久さん、どんなに言ってもあの世代は変わりませんよ」と今まで何度言われたことか。

 この国は早く世代交代しなければならない、そう思いを強くした。

 

 広島で嬉しかったのは、多くの人が『Japanist』を読んでくれていて、口々に過分なほどの賛辞をいただいたことだ。

 今となっては自分が誉められたいわけではない。あの志誌に共鳴する人が少しでも増えることが、世の中にとってプラスになると信じているのである。

(100214 第150 写真はスピーチする上甲晃氏。話を聞くたび、上甲氏の志の高さに頭が下がる)

 

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく陰陽相和す中庸を求める

■本は永遠の師匠

バルザック、ユゴー、デュマなど19世紀フランス文学からヘミングウェイ等の20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンの御三家からワーグナーまでのドイツ音楽、フランク、ラヴェル、フォーレなど近代フランス室内楽、バルトーク以降の現代音楽まで、あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■映画は総合芸術だ

『ゴッド・ファーザー3部作』などのマフィアもの、『ニュー・シネマ・パラダイス』、黒澤明のほぼ全作品、007シリーズ、パトリス・ルコント監督作品など、こちらも雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■歴史上の尚友

尊敬する偉人の双璧は、大久保利通と徳川家康。他に幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介。理想主義者、ロマンチストより結果を出したリアリストを評価する

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■隠れ目標

死ぬまで同じライフスタイル

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■追記

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす。かなりの猫好き(愛猫・海=2019年没)、2019年9月、「じぶん創造大学」を設立し、自ら入学(生徒数1名)

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ