多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > スズメノカタビラに見る、生き残りの秘訣

スズメノカタビラに見る、生き残りの秘訣

2015.08.26

スズメノカタビラ1 宇都宮の自宅を事務所替わりに使っていることはすでに書いた通りだが、この夏、庭の雑草がすさまじい勢いで伸びた。スタッフたちに草むしりをしてほしいとは言えないので、先日、慣れない草むしりをした。

 一種類だけ、驚異的な繁殖を見せている雑草があった。そこにどんな植物が生えていようと、日当たりが良かろうが日陰だろうが、意に介せず茎を伸ばしている。右の写真は2Fのテラスにある鉢植えだが、ほぼこの草に占領されている。蛇足ながら、このテラスは今住んでいるマンションのリビングの2倍近くの広さがある。贅沢な空間だが、洗濯物を干す以外、ほとんど使わなかった。
 さて、この雑草はなんだろう? 
 『身近な雑草の愉快な生き方』(稲垣栄洋著 ちくま文庫)を手に取り、ページを繰る。
 あったあった。これにちがいない。
 スズメノカタビラ。
 同書を読むと、代表的なコスモポリタンの一種だという。熱帯から極寒の地まで、気候条件を選ばずに繁殖しているのだ。
 面白いことが書いてあった。ゴルフ場にはグリーン、ティー、フェアウェイ、ラフなど、高さの異なる芝がある。それぞれの場所からスズメノカタビラを採取して同じ条件のもとに育てるとする。すると、同じスズメノカタビラであるにもかかわらず、穂をつける高さが異なるというのだ。
スズメノカタビラ2 グリーンから採ってきたものが最も低い位置に穂をつける。ご存知のように、グリーンは芝刈り機で頻繁に刈られる場所だ。次いで高い位置に穂をつけるのはティーから採ってきたもの。そして、フェアウェイ、ラフと続く。つまり、その場所で生き残れるよう、穂をつける位置を微妙に変えているのだ。
 なんと賢いのだろう! その環境に応じて臨機応変に変えられる柔軟な対応力。これこそがコスモポリタンとして世界中で繁殖する最大の武器だったのだ。われわれ人間にとっても、ヒントになる生き方だ。
 昭和天皇は「雑草という草はない」とおっしゃられた。本当にそうだと思う。
 今回、慣れない仕事で腰が痛くなったが、内心ではスズメノカタビラに尊崇の念を抱きながらの作業であった。
(150826 第574回)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ