多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 書きやすさでコイツ

書きやすさでコイツ

2014.12.09

オレンジビック 仕事柄、筆記用具をたくさん使う。

 取材文を書くときは、いきなりイラストレータに入力する。あらかじめ大まかなデザインをしておけば、進捗率が正確にわかるからだ。ワードで書いたものをイラストレータにペーストすると、往々にして行数が合わなくなる。その点、直接イラストレータに入力すれば最後の一行が明白にわかるという利点がある。
 取材文以外の文章は手書きで下書きするが、主に鉛筆かボールペンを使う。ボールペンはいろいろ試したが、目下の結論は「オレンジビックEG 0.7 Fine」だ。オレンジビックはもともと太字で速記用というイメージがあったが、細字も発売されている。わたしはその細字が書きやすい。

 なじみの文具店、世界堂では一本70円で販売されている。大量に買い、いたるところに置いている。ちょっとアイデアが湧いた時に書きつけられるようにだ。
 ところで、〝オレンジビック〟は日本の会社かと思っていたら、違うことがわかった。1945年、フランス人のマルセル・ビックがエドゥアール・ビュッファールとともに設立した筆記具会社で、このボールペンは61年に発売された。超ロングセラーといっていい。2010年にはグッドデザインロングライフデザイン賞を受賞している。
 なにがいいって、そのシンプルな形と独特のカラーがいい。いまはノック式、ラバーなどが当たり前だが、これはキャップ式。明らかに旧式に属する。が、プリンシプルの強さというか、持ちやすさ握りやすさ書きやすさは一頭ぬきんでている。
 ひとつはっきりわかったことは、ブランド物のボールペンはどれも書きづらいということ。だから、私は机の上の装飾品にしている。
(141209 第534回 写真上はオレンジビック)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ