多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 争いを呼び込む、極端な平和主義

争いを呼び込む、極端な平和主義

2014.05.19

来宮神社の大楠 本題に入る前に、ひとこと。
 先日、安倍総理が集団的自衛権行使に関する政府の基本的方向性を示した。私が購読している産経新聞の見出しは「首相 行使容認へ強い決意」。もちろん、安倍総理の方針に全面的な賛意を唱えている。
 翌日の産経新聞のコラムによれば、他紙の見出しはまったく異なっている。
 東京新聞は「『戦地に国民』への道」、朝日新聞は「近づく 戦争できる国」。ちなみに、韓国の東亜日報は「安倍『戦争ができる国』宣言」、中国の環球時報は「日本を戦争への道へと向かわせている」。言うまでもないが、世界のあらゆる国と同様、韓国も中国も、集団的自衛権を行使する国である。ここで気づくことは、東京、朝日、毎日など反日を売り物にする新聞の論調は、中韓の代弁者のような役割を果たしているということ。
 そういうメディアの影響か、さっそく国会周辺で反対デモが行われた。プラカードには、「戦争への道 断固反対」などと書かれている。
 そういう光景をどこかで見た覚えがあると思ったら、PKO法案のときだった。
 では、PKO法が制定されて、その後、日本は戦争をしただろうか。考えるのもバカらしいが、あのとき騒いだ連中は、そのことさえ覚えていないだろう。
 集団的自衛権は、外国の攻撃から自国民を守るための権利であり、すべての国に認められている基本的な権利だ。同盟国であるアメリカと共同で作戦をする機会はじゅうぶんに想定されるわけだから、究極の目的は「日本人を守るため」である。可能な限りスキをつくらないということは、要らぬ争いを未然に防ぐことにもなる。にもかかわらず、彼らは「断固反対」である。日本だけはその権利を持ってはいけないと主張している。
 私は今回の集団的自衛権行使に反対する人たちや護憲派に共通する概念として、「日本国憲法を守るためなら死んでもいい」という極端な思想をみる。あるいは、もっと踏み込んで、「憲法を守るためなら日本人は玉砕すべきだ」とも。もちろん、そのような表現はしていないが、主張していることはそういうことだ。日本人の命に関わる話をしているのに、憲法の理念を侵していないかどうかを延々と論じている。日本人のリスクを減らそうとするのと、憲法を不磨の大典の如く後生大事にするのとどっちが正しい? 答えは子供でもわかるだろう。
 そういう意味でも、彼らは狂っていると私は思っているのだが、彼らから見れば私が狂っていると映るのだろうか。
 日本人は極端から極端へとブレる習性がある。戦前の軍国主義も極端だったが、戦後の憲法主義も極端だ。憲法は国民の安全な暮らしを担保するための方策でしかないのに、いつの間にか、最上位の価値をもつ概念となってしまっている。明らかに本末転倒だ。本は根っこ、末はこづえ。それがさかさまになっているのだから、国がひっくり返ってしまう可能性は大アリだ。
 あまりにもバカバカしい報道に接しているうち、ほんとうにバカらしくなり、つい、前置きが長くなってしまった。

 

 今回は熱海市にある大楠の話だった。
 来宮神社にある大楠は、本州最大らしい。立て札によると、樹齢2000年以上、幹の周囲23.9メートル、高さ26メートル以上とある。
 当然のことながらご神木とされ、幹の周りにはしめ縄が巻かれている。
 目の前でじっと見ていると、さまざまなことが去来する。この楠は人間の所業をなんと思っているのだろうか。愚かだと思っているにちがいない。
 植物も動物もそうだが、極端な理想主義はありえない。皆、外敵から身を守るための知恵と工夫をこらすことによって、バランスを保っている。人間だけがその例外になれると思ったら、それは傲慢というものだろう。
 たしかに、現日本国憲法は、ケーディスやホイットニーら当時の作成者の理想を反映したものだ。しかし、彼らも「(憲法の寿命は)日本が独立するまでだと思った」と証言しているように、この理想的平和主義が現実の世界にあって有効だとは思っていなかったようだ。今まで紛争にまき込まれなかったのは、「タマタマ」運が良かったからだ。
 いつまでも「タマタマ」を期待する人は、はたして賢い人なのだろうか。
(140519 第505回 写真は来宮神社の大楠)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ