多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 金属で表現された植物の命

金属で表現された植物の命

2012.03.17

 先日、モリソン小林氏を取材した。

 モリソンとは、ジム・モリソンの「モリソン」である。ジム・モリソンの名を自分の名前に冠してしまう勇者はどんな面構えをしているのか、興味津々であった。

 さて、実際に会ってみると、意外な感じがした。一見、ごっつそうだけど、 ハートの塊のような男である。知的で礼儀正しく、感受性が豊かで多彩な表現力と技能をもっているマルチ人間でもある。

 就職の際、「ビートルズとストーンズ、どっちが好き?」と訊かれ、「僕はドアーズが好きです」と答えたという。

 これだけで、私なら「合格!」と言ってしまうだろう。もちろん、私はビートルズもローリング・ストーンズもドアーズも大好きだが、その答え方が気に入った。

 取材の後、すべてのLPを引っ張り出し、順番に聴いた。ちなみに、ドアーズで私が最も好きな作品は、『Riders on the storm』。雨と雷の音を背景に、ジム・モリソンが淡々と歌う、その曲は何度聞いてもゾクゾクする。鳥肌もんである。そういう音楽は、そうそうない。

 さて、モリソン小林さんの本業は、内装のデザイン・施工である。クライアントの要望に応じて、内装のアイデアを考案し、デザインし、設計図におとし、自分で製造もする。もちろん、現場監督もする。

 そういう仕事をこなしながら、仕事で得た技術を生かし、彫刻作品をつくっている。どういう彫刻かといえば、金属や流木、石塑粘土などを用いて植物や虫や人体を彫っているのである。特に、金属で作られた植物が素晴らしい。金属の錆をうまく生かしながら、命の輝きと、役目を終えた命の尊さを形に表している。数年前にどこかのギャラリーで見たことがあるが、一度見たら脳裏にこびりついて離れない。

 まずは、彼のホームページを。

http://www.specialsource.jp/

 さらに作品アーカイブ(Facebook)を。

http://www.facebook.com/pages/Special-source/166511550131007?sk=photos

 

 詳しくは次号の『Japanist』に譲るが、モリソン小林さんのコンセプトは、枯れゆくものへの哀惜と愛着。

 さて、彼の魅力をどう料理しようか。そういう取材対象と次々に会える私は、ほんとうに幸せ者である。

(120317 第326回 写真は、自作を愛でるモリソン小林)

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ