多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 生身の人間が絵の中にいる

生身の人間が絵の中にいる

2011.12.23

 本日からBUNKAMURAで一般公開が始まった「フェルメールからのラブレター展」の内覧会に行ってきた。

 フェルメールといえば、17世紀オランダの画家で、世界にわずか30数点しかないという超レアものというイメージが定着している。時として「寡作」や「早世」は作品の価値を高める。デヴィッド・リーンは前者の一人だし、ラディゲやジミ・ヘンドリックス、ジム・モリソン、ジェームス・ディーンらは後者の典型例だろう。

 では、フェルメールはどうか。ほんとうに、名声相応の画家なのだろうか。

 そういう興味も抱きながら、本展を見た。

 結論をひとことで言えば、「やっぱりスゴイ」という以外ない。今回の展示会ではフェルメールの作品はわずか3点しかない。しかし、見終わった後、「3点も見てしまった」という深い充足感に満たされた。世界広しといえど、3点ぽっちの作品を見せて、満腹感を味わわせることのできる画家はなかなかいないだろう。

 では、どういいのか?

 デリケートな光、独特の色彩感覚、構図、小道具の配し方……はもちろんとして、人物の「鮮度」がいい。絵を切ったら血が出てくるのではないかというリアルな生身の人間が二次元空間に閉じ込められているようである。その秘訣は、緻密に描いているかどうか、ではない。緻密に描くということなら、一時期はやったスーパーリアルの手法に断然かなわない。

 では、どういえばいいのか。

 結局、人間に知悉していた、という以外にないのだろう。これは絵に限らず、文学でも音楽でもなんでもそうだ。人間の何たるかがわからなければ、表現などできはしまい。

 では、どうすれば人間がわかるのだろう?

 それがわかりゃ苦労はしない。ただ、あらゆる外からの情報をシャットアウトし、生身の人間を見つめることによってしか、その端緒につくことはできないのではないかと思うのである。

(111223 第305回 写真はフェルメールの『手紙を書く女』。内覧会はゆったり見られるので、作品を堪能できる)

 

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ