淑気堂
Home > 淑気堂 > 現地・現場主義で有為の人材を育成

What's about Shukki-Do

“時代を変える新しい胎動”をコレクションしたギャラリー「淑気堂」にようこそ。

当ギャラリーに商品はありません。あるのは店主・多樂が独断でセレクトし、紹介する「日本を救う活動」だけ。

このセレクションを見れば、日本の新しい動きがわかります。さあ、目を皿のようにしてご覧ください。

 

Shukki-do Selection

現地・現場主義で有為の人材を育成

 

 松下政経塾で14年間、多くの政治家を育成した上甲晃率いる志ネットワーク「青年塾」は、日本人が失ってしまった志を回復させるための人間養成塾である。

 上甲氏の目的は明快だ。すなわち、志のある若者を立派な人物に育て、日本を立ち直らせること。そのために「青年塾」で行っていることは、年7回の2泊3日の合宿など。すべて現地・現場主義で、モットーは「不便・不自由・不親切」というから面白い。

 日本社会はいつの間にか「過保護・過干渉」が当たり前になってしまったが、そのような状況下では自立心の回復など望むべくもない。自立心がなければ、世の中のために自分の力を発揮しようという公心(志)を抱けるはずもないだろう。

「現在の日本に必要なのは経済の立て直しなどではない。精神の立て直しが求められている」と言い切る上甲氏はまた、60歳を越えてからは自分のためではなく、世の中のために自分でできることをしなければならないという強い信念に支えられている。青年塾創設後、14年を経て塾生の総数は1000人を越えた。上甲氏の志を受け継ぐ若者が全国各地に散らばり、それぞれのフィールドで活躍している。まさに生きた人間修養である。

代表者プロフィール

昭和16年大阪生まれ。京都大学卒業後、松下電器産業に入社。昭和56年、松下政経塾に転勤し、平成7年まで同塾塾頭、常務理事・副塾長を務める。平成8年、松下電器産業を退職後、有限会社志ネットワーク社設立。翌年、志の高い国づくりは日本人一人ひとりが志の高い生き方をすることから始まるとの考えにたち、「青年塾」を創設。著書に『志のみ持参』『志を教える』『人生に無駄な経験などひとつもない』『松下幸之助の求めたるところを求める』など。平成20年、国民主導で日本を変える活動「よい国つくろう! 日本志民会議」を設立し、平成22年、発展的解消。現在も自身の「青年塾」と並行し、有為の政治家の活動を支援している。大阪府堺市在住

関連サイト

●志ネットワーク 青年塾 公式HP 【http://www.kokorozashi.net/

 
  • 広告で、会社が変わる
  • 本をつくろう
  • Japanist定期購読
Recommend Contents
このページのトップへ