日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > キチンと暮らすには、愛をもって生活全体にアイロンをかけるような手間が必要だ

キチンと暮らすには、愛をもって生活全体にアイロンをかけるような手間が必要だ

山本容子

 書籍の装幀や挿画を数多く手がける銅版画家、山本容子さんの言葉をひとつ。女性ファンが多いという彼女の作品は、都会的で洗練された大人のセンスを感じさせる。絵画に音楽や詩を融合させるジャンルを超えた独自のスタイルも、憧れる要素のひとつだろう。絵はもちろん、彼女の書く文章も軽妙洒脱でセンスがいい。
  
 てまひまを惜しまないことが、キチンと暮らす秘訣だというのはわかる。
 しかし、なんて素敵な言葉だろう。
「愛をもって生活全体にアイロンをかける」とは。
 
 洗いざらしのシャツも、センス良く着られればいいのだが、たいていの場合、くたびれたような、だらしない印象を与える。
 歳を重ねれば重ねるほど、洗いざらしのシャツの着こなしはむずかしい。
 ダメージのブルージンズや洗いざらしのシャツは、一歩間違えるとただのだらしない、いけてない人になってしまう。
 
「キチンと」や「ていねい」は、なぜか歳を重ねたほうがしっくりとくる。
 成熟した大人の特権だ。
 反対に、若者は「キチンと」や「ていねい」よりもむしろ、「ダメージ」や「洗いざらし」のイージーなくらいがちょうどいい。
 
 成熟度が増すと、暮らしに「キチンと」や「ていねい」を求めるようになるのかもしれない。
 昔は窮屈だったそれも、心地よく思えるようになるのだから不思議。
 
 シワをのばしながらていねいにアイロンをかける時間は、まるで一服の茶をたてるときのように心はしんと静まる。
 静けさを求めれば求めるほど「キチンと」や「ていねい」が恋しくなる。

 

 ピシッとアイロンをかけたシャツを着ていると、なぜだか背筋が伸びる。
 シワのない、張りのあるシャツを着こなしている人は美しい。

 暮らしぶりも、きっとそんな風なのにちがいない。

 

 ときには洗いざらしで肩の力を抜いて、ときには愛をもってキチンとアイロンをかける。
 メリハリのある暮らしこそ、「ていねい」に生きるということではないだろうか。
(180612 第374回)

 

TOPICS

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ