日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 偉大な思想などにはならなくともいいから、偉大な質問になりたい

偉大な思想などにはならなくともいいから、偉大な質問になりたい

寺山修司

 詩人、俳人、歌人、作詞家、劇作家…と、肩書きをあげたら切りがないほどの多才ぶりで、一陣の風となって去っていった寺山修司。死してなお異彩を放つちつづける寺山の、遺していった言葉には未だ彼の魂が宿っているようだ。この言葉もそのひとつ。
 
 以前取り上げた、まどみちおの言葉にあった。
「世の中に「?」と「!」と両方あれば、他にもうなにもいらん」と。
 
 学びの楽しさは、「?」が「!」に変わるとき。
 問いが驚きをもって氷解したときではないだろうか。
 
 人間、知ってしまったものには興味は失せる。
 とりわけ、変化のないもの、深みのないものには驚きも感動も、喜びもない。
 飽きるというのは、そういうこと。
 裏を返せば、変化や奥行きのあるものは飽きない。

 それは自分自身であってもそう。

 自分に飽きてはしょうがない。

 

「変わった人」というのは「変化ある人」

 つまり、「?」のかたまりだということ。

 未知なる「!」がたくさんつまっている。

 

 禅や仏教の世界では悟ることをよしとしない。
 悟った人をブッダ(仏)というのだから、それはそうだろう。
「お陀仏」となってはいけないのだ。
 
 驚きや感動に出会えば、体も心も喜びで満たされる。
 そういえは、122歳まで生きたフランス人女性の長寿の秘訣は「笑うこと」と「退屈しないこと」だとか。
 
 寺山修司のいう偉大な質問にはなれなくとも、内と外の世界を問い続ける「?」の人でありたい。
(180429 第361回)

 

TOPICS

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ