日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 言葉を正しくいうことは難しいが、これを感じよく、きれいにいうことはもっと難しい

言葉を正しくいうことは難しいが、これを感じよく、きれいにいうことはもっと難しい

沢村貞子

 1941年、『青果の市』で芥川賞を受賞し、文壇にデビューした沢村貞子の言葉を取り上げた。「文は人なり」とはよく言ったもので、書物などの文章を読むと、その人物を知らずとも著者の人となりが見えてくる。

「書く人」だからこそわかる、話言葉の妙である。

 

 言葉を使うのはむずかしい。

 同じ言葉を使っても、受け取る人によって感じ方は違うから。

 

「正しい」ということも同じ。

 何が正しくて、正しくないかは人それぞれ。

 正しさの基準は一定ではない。

 

 言葉を正しく使っても、伝わらないことはある。

 正しくはないけれど、人の心を振るわせることも。

 その違いはなにか。

 言葉の向こうにある何かを、人は感じ取っているのだろう。

 だとしたら、言葉はその人そのもの。

 マザー・テレサも言っているように、思考は言葉になるのだ。

 

 饒舌な人もいれば、口べたで吶々と言葉を選びながら話す人もいるだろう。

 正しさや、上手い下手ではない。

 きっと人は、言葉からたちのぼる香りに魅せられているのにちがいない。

 

 書き言葉にせよ、話し言葉にせよ、飾り繕うことはいくらでもできる。

 だが、上っ面な美しさは人の目はだませても感覚はだませない。

 時がたてば薄れていく香りよりも、残り香が魅力的なものは忘れられない。

(180327 第351回)

 

TOPICS

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ