日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 死ぬ時節には死ぬがよく候、是ハこれ災難をのがるゝ妙法にて候

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

死ぬ時節には死ぬがよく候、是ハこれ災難をのがるゝ妙法にて候

良寛

 良寛が交誼を結んでいた山田杜皐に宛てた手紙の一文である。杜皐は良寛より16歳若い与板(新潟県長岡市)の町年寄、酒造業を営んでいた山田家9代太郎兵衛重翰で、良寛とは親戚筋にあたる。

 

 人生100年時代と言われて久しい。

 ところが健康で一生を過ごせるかとなると話は変わる。

 男女とも、平均寿命と健康寿命の差はおよそ10歳。

 晩年の10年間を不健康な状態ですごしていたり、介護がともなって生きながらえているのが現状のようだ。

 

 それを危惧してか、昨今はかつてないほどの健康ブーム。

 健康食品しかり、健康グッズしかり、体力トレーニングにメンタルトレーニングなどなど、ちまたには健康を謳った商品が目白押しである。

 

 一方で、食べ放題、飲み放題、美食、飽食、スマホ、デジタル……これまた、かつてないほどに贅の限りをつくした、健康とは無縁のように思える時代の到来である。

 

 はて、人間はいったい何をしたいのだろう。

 健康になりたいのか、それとも不健康になりたいのか。

 

 生命の長短を決めるのが人間だとしたら、寿命は天のはからい。

 人間の我欲だけで寿命を伸ばそうとすれば、どこかに歪みがおきてもおかしくはない。

 

 死ぬ時節には死ぬがよく候、是ハこれ災難をのがるゝ妙法にて候

 

 死ぬときは死ぬのだから、生きているうちは生きていよう。

 天の怒りを買わぬように。

(180324 第350回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ