日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 自分にできないことを、世の中に合わせたってどうしようもない。川に落ちて流されるのと同じことで、何にもならない

自分にできないことを、世の中に合わせたってどうしようもない。川に落ちて流されるのと同じことで、何にもならない

熊谷守一

 縁側でのんびりと日向ぼっこをする猫の絵といえば、97歳で大往生を遂げた孤高の画家、熊谷守一。仙人のような熊谷が残した言葉の断片である。

 

 さらさらと流れるうららかな春の小川は、生きとし生けるものを育んでくれる。

 その流れにそっていくのは、それほどむずかしくないだろう。

 ところが、荒れ狂った川ほど恐ろしいものはない。

 ごうごうと吼えはじめた川に近づこうものなら、足を掬われ、瞬く間に激流に飲み込まれてしまう。

 

 情報が溢れかえる現代、自ら近寄らなくても向こうから押し寄せてくる。

 そこをどうやってうまくくぐりぬけるかが問題。

 どっしりと太い柱を立てて流されないようにしなければ。

 

 ある若者が新聞の投稿欄に疑問をなげかけていた。

「求められるような人間にはなれないし、なりたいとも思わない。

 友人がいないとダメなのか。

 大学時代はハッピーに過ごさないとダメなのか。

 働きたいという熱意がないとダメなのか」

 と。

 

 誰もが当然のように絵に描いたような幸せを求める中にあって、この若者は他人が望む幸せを自分の幸せとは思っていない。

 この社会では、彼はきっと苦労するだろう。

 しかし、それ以上に、大きな何かをつかむ可能性を秘めている。

 

 これが正しいという答えはない。

 宇宙自然の法則の、絶対真理というようなものはあるにせよ、人間が求める答えは人それぞれなのだ。

 

「川には川に合った生きものが住む。

 上流には上流の、下流には下流の生きものがいる。

 自分の分際を忘れるより、自分の分際を守って生きた方が、

 世の中によいとわたしは思うのです。

 いくら時代が進んだっていっても、結局、自分自身を失っては何もなりません。

 自分にできないことを、世の中に合わせたってどうしようもない。

 川に落ちて流されるのと同じことで、何にもならない」

 

 青年よ!もっと悩め!

 悩んだ先に、唯一無二の未来がある。

(180315 第347回)

 

TOPICS

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ