日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 男が家庭を持ちたいってのは、思いっきり阿呆になれる場所がほしいからだ

男が家庭を持ちたいってのは、思いっきり阿呆になれる場所がほしいからだ

川端康成

『細雪』の著者、川端康成の言葉である。ノーベル文学賞まで受賞した川端にもこんな一面があったのだと、ちょっと安心した。

 美しいものが何より好きだった川端は、美術品の蒐集家でも知られている。ギョロリとした眼は美を見抜くためのものだったのか、彼が蒐集した美術品のいくつかは後に国宝にもなっている。

 

 今の社会で、ボーっとしていたら、たちまち置いてけぼりをくらう。

 阿呆になろうもんなら、なおさらだ。

 隙をついて、AIが自分のポジションに居座ってしまうかもしれないのだから。

 

 全力で動いて、全力で休むことは子供だけの特権なのか。

 いや、今では子供たちでさえ、ボーッとしたり休むことを許されてはいないような気がする。

 

 人間は機械じゃない。

 感情も意志もある、生き物だ。

 生き物だから、ご飯も食べればウンチもする。

 喜怒哀楽だってあるのが当然。

 

 人間は地球と同じ、生命体。

 ボーッとしたり、何も考えないときほど閃きがあるのは、きっと天とつながりやすいからだろう。

 川端も、ときどき阿呆になって閃きを得ていたのかもしれない。

 

 さて今は、子供のころのように、全力で休める場所はあるのだろうか。

 昨今の家庭事情を知れば、夫婦ともども互いに気を遣いすぎのような気もするのだが……。

 そこにいる子供はそれで、本当に安心して過ごせるのだろうか。

 若者たちの多くが、恋愛にも結婚にもさほど興味がないというのもわかる気がする。

 

 人間、誰でも愚かな一面はある。

 そこがまた魅力だったりすることも。

 しょうがないなぁ、それはそれでかわいいなぁ、と思えればいい。

 

 こんな時代だからこそ、あえてボーっとしてみよう。

 その姿を受け入れてくれる人や場所は、生涯のものとなるだろう。

 ボーっとしたときに生まれてくる閃きや、それに惹かれるものたちは、天から送られてきているのかもしれないのだから。

(180309 第345回)

 

TOPICS

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ