日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 一日背負っている、生きているいのちの重みはもしかしたら、地球の重みかもしれませんね

一日背負っている、生きているいのちの重みはもしかしたら、地球の重みかもしれませんね

石垣りん

 大正時代の詩人、石垣りんの言葉である。エッセイストの山下景子さんの著書『しあわせの言葉』より抜粋した。山下さんの言葉に対する愛情は、詩人・石垣りんに違わずすばらしい。彼女が紡ぐ言葉を読むと、古きよき日本の心が思い出される。

 

 ずいぶん昔に思ったことがある。

 この地球は人間みたいだな、と。

 いや、人間は地球なんだな、と。

 

 古い手帖に書き記してあった。

「川は血液、海は心臓。山や湖はツボなのか? 核なるものは脳であり、ゴミはウンチか? ということは、人は…地球の細胞? そうか、人類は地球にとっての細胞なんだな。何千、何億という人間は、人体をつくっている何千、何億という細胞と同じなんだな」

 と。

 

 何を根拠にそう思ったのかはわからないけど、ふとそう思ったのを今でもはっきり覚えている。

 それが正しいかどうかなんて、当時はまったく考えもしなかった。

 あれからずいぶん時が過ぎて、知らなかったこともたくさん学び、なんとなくそれは真実ではないかと思うようになった。

 

 いや、人間だけではない。

 地球上に存在するすべての生物は、そのまま地球なんだろう。

 

 約60兆もの細胞で成り立っていると言われる人間。

 その一つ一つの細胞の核には、約30億という膨大な情報をもっている遺伝子がある。

 この遺伝子を構成している4つの基本物質は、生きとし生けるものすべてが同じものを使って生きているという。

 ただ、人間を人間たらしめ、犬を犬に、虫を虫に、植物を植物に、微生物を微生物にたらしめる遺伝子の1セット、ゲノムの違いによって、多様性のある世界が創り出されているのだとか。

 

 なるほど、そう考えると話は早い。

 すべての生物の元をたどれば地球に行き着く。

 

 われわれが生きているのは、地球が生きているからであり、地球が生きているかぎり、生命は途絶えることなく永らえることができる。

 

 一人ひとりの命の重みは、そのまま地球の重み。

 だとしたら、生きづらくなるのは、一体である地球の動きと違うことをしているからかもしれない。

 

 身体の声は、地球からのメッセージ。

 耳をすまして聴いてみよう。

(180225 第341回)

 

TOPICS

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ