日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 愛しているところに美があるからです

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

愛しているところに美があるからです

猪熊弦一郎

 白地に赤で有名な三越の包装紙をデザインしたのがこの人。画家の猪熊弦一郎である。無類の猫好きで知られる彼は「いちどに1ダースの猫を飼っていた」といい、愛してやまない猫たちを作品のモチーフにすることも多かった。

 マティスに師事したというだけあって、彼の描く猫たちはアーティスティックでありながら、まるで子供の絵のようなのびやかさがあり、おちゃめなにゃんこたちにメロメロになってしまう。

 

 猪熊氏が猫をかく理由はこうだ。

「愛しているものをよく絵にかくんです。愛しているところに美があるからなんです」

 

 愛しているところに美がある。

 

 そう。

 美しいから愛するのではない。

 愛するから美しくなるのだ。

 どんなに美しいものも、愛(め)でなければ美もかすむ。

 

 大自然が美しい調和で成り立っているのも、この世界を創造した大いなる存在、サムシンググレートと呼ばれる見えざる力の愛がそうさせたのだとしたら、その愛によって生まれたわれわれ一人ひとりは、本来だれもが美しい存在であるはず。

 

 

 愛に満ちた人は美しい。

 なぜなら、厳しさを知っているから。

 厳しさは優しさであり、愛である。

 この大自然がそうであるように。

 

 どんなに愛していても、憎らしくなることもあれば、腹立たしくなることもある。イライラしたり、怒りが爆発しそうになったり。

 しかしそれも、愛の証拠。

 愛しているから厳しくもなり、優しくもなる。

 

 愛しているところに美があるのならば、自分を愛する人はきっと美しい。

 自分に対して厳しくも優しくもなれるから、この大自然のように、愛がいっぱいつまっていることだろう。

(180213 第397回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ