日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > すべてを自らとともに携えよ、われはすべてを自らとともに携えたり

すべてを自らとともに携えよ、われはすべてを自らとともに携えたり

ビアス

 紀元前六世紀プリエーヌに生まれたギリシャ七賢人の一人、ビアスの言葉だ。プリエーヌが敵に包囲されたとき、市民がそれぞれ財宝をもって逃げようとする中、ビアスひとり、何ももたずにこう言い放ったという。ビアスにとって財宝とは、自らの知恵と思想そのものだったのだ。

 

「余計なものはもつべからず」と言ったのはファイドロス。

 プラトンの『対話』にソクラテスとともに登場する人物である。

 紀元前という大昔、すでにこの世の真理は説かれていたのだろう。

 

 人間本来無一物。

 人間はみな、何も持たずに生まれ、何も持たずに死んでゆく。

 

 だがしかし、無一物中無尽蔵。

 無一物ではあるけれど、その中には無尽蔵に広がる空がある。

 

 空なるところ、知恵も思想も自由自在。

 失うこともなければ、減ることもない。

 いくら増えても重くもないし、使えば使うほど磨かれ研ぎ澄まされて光り輝いてゆく。

 

 物で溢れかえる今の世に、本物の財宝はあるのだろうか。

 誰もが携えている小さなスマホの中にはきっと、金銀財宝がぎっしりつまっていることだろう。

 危うく無くそうものなら、命をとられてしまったかのごとく、茫然自失になるにちがいない。

 

 デジタル社会の現代だからこそ、知恵を身につけ、独自の思想をもつことが大切。

 仕事も生き方も多様化する今、どこでも身一つで生きてゆける、しなやかさと強さを身につけたい。

(180125  第391回)

 

TOPICS

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ